淡路島ソースシリーズ


調理例


淡路島産玉ねぎ

株式会社浜田屋本店(本社:兵庫県洲本市、代表:濱田 昌宏)は、地元 淡路島の名物「玉ねぎ」を使用した「淡路島ソース」を看板商品にもつ、食品加工メーカーです。淡路島ソースは2007年に発売されて以来、シリーズ累計出荷数は25万個を突破する人気シリーズに成長いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/261090/LL_img_261090_1.jpg
淡路島ソースシリーズ

■淡路島ソースシリーズについて
淡路島ソースは甘くて美味しい淡路島産玉ねぎをふんだんに使用した万能玉ねぎソースです。まろやかでコクがあり、それでいてさっぱりとした味わいは、ハンバーグ、焼肉、ステーキ、野菜炒めやサラダ、料理の隠し味など色んな使い道がある万能調味料です。現在はシリーズで全5種類(淡路島ソース、淡路島ソース旨味、淡路島ソース肉専用、淡路島ソー酢ポンズ甘口、納豆にかける淡路島ソース)があります。淡路島の土産物屋での販売からスタートし、近年では淡路島の定番土産としてはもちろん、高級スーパーを中心に全国の小売店で販売するまでに至っております。地方のお土産物から全国区の商品へとなってきました。


■淡路島ソースが支持される3つの理由
(1)「万能性」
淡路島ソースシリーズは万能性が特徴の調味料です。冷蔵庫に1本あれば安心の万能調味料です。お肉、揚げ物、野菜、魚、料理の隠し味など、さまざまな料理に使用することができるため、おうち時間が多い、コロナ禍でも人気です。

(2)「特徴的なラベルデザイン」
2007年に発売後、美味しいのになかなか売れない状況がしばらく続きました。当時、100種類ある自社商品の中から「淡路島ソースこそがダイヤの原石」と気づき、日頃からお客様に“ダサいラベル”と言われていた「特徴的なラベルデザイン」を逆手にとったブランディングに力を入れ始めると、毎年、少しずつ口コミが広がり、多数のメディアに取り上げられたことで知名度があがってきました。

(3)「コラボレーション」
近年、コラボレーションをすることにより、新たな層への認知を高めています。2019年6月のローソンのからあげクンとのコラボをきっかけにさまざまな企業(近畿大学(マグロ)、小学校、球団(阪神タイガース)、食品メーカー(八幡屋礒五郎など)、ハンバーグ専門家など)とコラボをすることで、話題性、ブランド認知を高めております。今後も積極的にコラボや面白い取り組みを行う予定です。コラボレーション企業は随時受け付けております。


■商品価格 ※税込み
・淡路島ソース 648円
・淡路島ソース旨味 518円
・淡路島ソース肉専用 518円
・淡路島ソー酢ポンズ甘口 594円
・納豆にかける淡路島ソース 378円


■メディア実績
・ZIP!
・サタデープラス
・KinKi Kidsのブンブブーン
・おはよう朝日です
・サンキュー!おしゃべり~マッチ
・その他テレビや雑誌、新聞、ラジオ、ネットニュースなど多数掲載あり


■会社概要
名称 : 株式会社浜田屋本店
所在地: 兵庫県洲本市安乎町平安浦1864-8
設立 : 昭和41(1966)年
創業 : 明治35(1902)年
代表者: 濱田 昌宏
URL : http://www.hamadaya-honten.jp/

情報提供元:@Press
記事名:「「淡路島ソース」がシリーズ累計25万本を突破!冷蔵庫に1本あれば安心の万能調味料!