ライトコインでも支払い可能


ライトコインのビットコインの比較


化石燃料による発電

ビットチェンジ株式会社(所在地:神奈川県川崎市、代表取締役社長兼CEO:宮本 謙一郎)が運営する、仮想通貨決済専門の総合通信販売サイト「ビットコインモール(R)( https://bitcoinmall.jp )」において、6月8日よりビットコイン、モナコインに加え、ライトコインでも支払いができるようになりました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/260892/LL_img_260892_1.jpg
ライトコインでも支払い可能

ビットコインモール(R): https://bitcoinmall.jp


【ビットコインモールとは】
ビットコインモールは、デジタルカメラ、キッチン家電、イスなどさまざまな商品をネット上で購入できる総合通販サイトです。ビットチェンジ株式会社によって運営されています。支払いはクレジットカードなどではなく、ビットコインなどの仮想通貨でのみとなっています。国内唯一のライトコイン決済可能な総合通信販売サイトです。


【消費電力について】
米電気自動車(EV)メーカー、テスラの最高経営責任者(CEO)、ロビン・マスク氏が、ビットコイン決済での自動車の販売を始めると今年の2月に発表。しかし5月になって、仮想通貨での販売を停止するとツイッター上で発表しました。停止の理由は、ビットコインのマイニングによる環境負荷への懸念からでした。

マイニングとは、仮想通貨での送金情報をブロックチェーンというデータの塊に収める処理のことです。この時に莫大なコンピュータの計算量を必要とし、多くの電力を消費します。

ケンブリッジ大学オルタナティブ・ファイナンス・センターがビットコインに使われている電力量の推計値を公開しています[1]。ビットコインに使われる1年間換算の消費電力は、2021年3月18日時点で129TWh(テラワット時)です。これは2019年のノルウェーの年間消費量124TWhを上回る数字です[2]。また、ビットコインのマイニングの約半分は電力消費の安い中国で行われており、二酸化炭素を排出する石炭などの化石燃料が使われています[3]。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/260892/LL_img_260892_3.jpg
化石燃料による発電

<ビットコインとライトコインの電力量を比較>
1取引あたりの電力量で比較[4]
・ビットコイン:707キロワット時
・ライトコイン:18.5キロワット時

これによると、ライトコインはビットコインと比べ約38分の1と省電力で、結果として二酸化炭素排出量が少なく、自然に優しい仮想通貨となっています。


【ライトコインとは】
仮想通貨の世界では、ビットコインはゴールド、ライトコインはシルバーと呼ばれるくらい、知名度があり、仮想通貨の中では古くから使われている通貨です。
仮想通貨ビットコインが作られた後、その仕組みのいいところはそのまま継承しつつ、欠点についてはそれを解消すべく開発された仮想通貨です。

<特長>
1. ブロックの生成時間が早い(ビットコイン:約10分、ライトコイン:約2分30秒)
確定するまでに数ブロック進むのを待つ必要があり、送金から20分程度で確定します。ビットコインに比べて早くなっています。

2. ビットコインとくらべて取引が多くない。
これらのため、送金の遅延が起こらず、かつ取引手数料が低く抑えられています。典型的には、ネットワークへの支払いの手数料が1円以下で送金ができます。(オンラインウォレットなどの利用による、ウォレット運営業者への支払いは含みません)

このため、ビットコインでの送金を補完する通貨として期待されています。


【ビットコインの現状】
ビットコインは、一番初めにつくられた仮想通貨で、ネットワーク上で早く、安全に送金ができる仕組みです。もともとは送金手数料が低いことがメリットの一つでしたが、現在では状況が変わってきています。

ビットコインでの送金件数が増加するに伴い、そのブロックチェーンに取り込まれるまでの時間が以前より長くかかるようになっています。

早く取り込まれるためには、ネットワークに支払う送金手数料を多く支払う方法があります。これはマイニングをする人たちが得る手数料で、多ければそれだけ優先順位があがります。ですが、これにより送金手数料が以前より高くなっています。現在では通常の方法で一回送金すると、手数料が数十円から数千円かかります。


【仮想通貨の安全性について】
ビットコインをはじめとする仮想通貨による送金は、公開鍵暗号の仕組みを使い、不正利用される可能性のある情報を外部に一切出しません。またブロックチェーンという仕組みを使うことで、2重払いのトラブルを避けています。またブロックチェーンはインターネットを通じて世界中に複製されており、この仕組みがダウンすることはありません。

一方、消費者がネット上で支払いをする時クレジットカードなどを使うことが一般的です。その場合カード番号を入力する必要があります。この番号は、そのまま別の人間が利用できる他ため、不正利用されるリスクとなります。

したがって、仮想通貨の仕組みはとても安定していて安全と言えます。


【運営会社、ビットチェンジ株式会社について】
ビットコインモールを運営するビットチェンジ株式会社は、仮想通貨の技術により世の中を便利にすべく創業された会社です。日本国内では仮想通貨決済による通信販売サイトを国内で一早く始めました。仮想通貨の決済技術についても、重要な特許(特許第6810500号)を所有する技術のある会社です。今後も仮想通貨技術を通じて、社会に役立つサービスを提供していきます。

代表者: 宮本 謙一郎
所在地: 〒214-0003 神奈川県川崎市多摩区菅稲田堤1-17-18
設立 : 2016年4月15日
資本金: 5,000,000円
Tel : 044-322-8680
URL : http://bitchange.co.jp
email : support@bitchange.co.jp

[出典]
[1] “Cambridge Bitcoin Electricity Consumption”
https://cbeci.org/
[2] “Visualizing the power consumption of bitcoin mining”
https://www.visualcapitalist.com/visualizing-the-power-consumption-of-bitcoin-mining/
[3] “Bitcoin Energy Consumption Index”
https://digiconomist.net/bitcoin-energy-consumption/
[4]” Popular cryptocurrencies: Which is the most environmentally friendly?”
https://www.trgdatacenters.com/most-environment-friendly-cryptocurrencies/

情報提供元:@Press
記事名:「ビットコインより約1/38の消費電力「ライトコイン」での支払いがビットコインモールにて、6月8日より使用開始!