高石健幸リビング・ラボでの運動指導の様子(2021年3月22日)


「シセイカルテ」分析画面イメージ

株式会社PKSHA Technology(本社:東京都文京区、代表取締役:上野山 勝也)の子会社で、3DアルゴリズムとAI身体分析テクノロジーを強みとする株式会社Sapeet(本社:東京都文京区、代表取締役:築山 英治、以下「Sapeet」)は、自社で開発・運営するAI姿勢分析システム「シセイカルテ」が、グンゼ株式会社(本社:大阪市北区、社長:廣地 厚)と連結子会社であるグンゼスポーツ株式会社(本社:兵庫県尼崎市、社長:西村 仁宏)が連携して提供する運動プログラム「メディウェルネス」に関する実証検証の中で、効果測定やモチベーション継続のツールとして活用いただくことが決定しましたので、お知らせいたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/254810/LL_img_254810_1.png
高石健幸リビング・ラボでの運動指導の様子(2021年3月22日)

■今回の取り組みの概要と背景
グンゼ株式会社は、人生100年時代において健康で豊かなライフスタイルを実現することが今後ますます重要になることから、医療とスポーツを融合した「メディウェルネス」の取り組みに注力しています。具体的には、「膝痛」「腰痛」の予防・改善の運動プログラムを開発し、まずは大阪府高石市健幸のまちづくり協議会高石健幸リビング・ラボで3月22日より提供・実証検証を開始しました。市民モニター制度「健幸モニター」26名(平均年齢71歳)が参加し、参加者には約20分程度の運動プログラムを8週間継続いただき、その効果を検証しています。
その中で、効果測定と運動効果の可視化による参加者のモチベーション維持を目的として、Sapeetの開発したAI姿勢分析システム「シセイカルテ」も活用いただくことが決定しました。
Sapeetは、「シセイカルテ」の発展と導入企業様の支援を通して、ヘルスケア分野にさらに貢献していきたいと考えています。今後、健康経営を推進する企業様、自治体様への一つのソリューションとしても「シセイカルテ」を展開すべく、引き続き協業を進めていきます。


■グンゼ株式会社について
1896年京都府何鹿郡(現在の綾部市)に地域産業であった蚕糸業の振興を目的として設立されました。創業以来、事業を通して社会に貢献することを何より大切にし、現在は、肌着・靴下などのアパレル事業、プラスチックフィルムや医療材料などの機能ソリューション事業、スポーツクラブの運営などのライフクリエイト事業を展開。それぞれの商品やサービスを通じて、より多くのお客さまに「ここちよさ」を提供し続けています。
GUNZEホームページ: https://www.gunze.co.jp/


■「シセイカルテ」とは
「シセイカルテ」は、『寄り添う先端技術でヘルスケア経営をサポートする』をプロダクトビジョンとして掲げるAI姿勢分析システムです。AIや3Dといった弊社独自のテクノロジーをわかりやすく使いやすい形でお届けすることを大切にしているため、特別な機材の用意や面倒なセッティングの必要はございません。数枚の写真撮影のみで姿勢の歪みを数値化し、このままだとなってしまうかもしれない未来姿勢を3Dアバターで表示するなど、専門知識のない方にも直感的にわかりやすい形で分析結果として表示します。
「シセイカルテ」は今後もカラダを科学し、人々の行動変容を促すことで、健康寿命の延伸に貢献してまいります。
「シセイカルテ」ホームページ: https://www.shisei-karte.com/

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/254810/LL_img_254810_2.png
「シセイカルテ」分析画面イメージ

■株式会社Sapeetについて
Sapeetは、3DアルゴリズムとAI身体分析テクノロジーを強みとする東京大学発のスタートアップ企業です。独自のテクノロジーをわかりやすく使いやすいシステムとして提供し、ヘルスケア業界の経営サポート、ひいては人々の健康寿命延伸への貢献を目指しています。

会社名 :株式会社Sapeet(サピート)
代表者名:代表取締役 築山 英治
所在地 :東京都文京区本郷2-35-10 本郷瀬川ビル4階
事業内容:・3次元情報の取得と可視化、3Dデータ制作や画像生成、
3Dに関連する新規事業や研究開発案件のコンサルティング&技術提供
・AI姿勢分析システム「シセイカルテ」の開発・運営
Sapeetコーポレートサイト: https://sapeet.com/

情報提供元:@Press
記事名:「AI姿勢分析システム「シセイカルテ」、グンゼ株式会社の提供する医療×スポーツの取り組み「メディウェルネス」での活用へ ~人生100年時代の健康で豊かなライフスタイルの実現に伴走~