リアライズのトラック01


リアライズのトラック02


リアライズのトラック03


リアライズのトラック04

株式会社リアライズコーポレーション(本社:東京都港区、代表取締役社長:今福 洋介)は2021年3月、株式会社東北銀行(本店:岩手県盛岡市、取締役頭取:村上 尚登)と、「トラックファンド(R)」事業を介した顧客紹介業務の提携契約を締結いたしました。
なお、本提携をもって提携金融機関数は33行となります。


■「トラックファンド(R)」提携金融機関等リスト
https://www.realizecorp.co.jp/truckfund/

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/254554/LL_img_254554_1.jpg
リアライズのトラック01

<業務提携の経緯>
当社の扱う大型トラック車両等を投資対象とする「トラックファンド(R)」は、投資期間が短く、円建ての国内運用で為替の影響を受けないなどの特徴があります。投資家にとっては安定的な投資が可能な金融商品として、また運送会社にとっては必要な時に必要な車両をオペレーティングリース(「R.リース(R)」)で調達できることから、車両を購入し長期保有する場合と比べて資産のオフバランス化を図れる等の特徴があります。

東北銀行では、投資ニーズを有する顧客や運送会社等の顧客に対するソリューション提案の強化を進めており、当社の「トラックファンド(R)」による紹介を検討されていました。
一方、当社ではこれまで多くの運送会社に「トラックファンド(R)」およびリースバック(「R.リース」)の活用等を提案し、財務改善や事業拡大につなげてきた実績がございます。投資家も、運送会社での活用も年々増加していますが、より多くの皆さまにご活用いただくために、地域金融機関とのパートナーシップの拡充に努めているところです。提携金融機関からは新たな価値のあるソリューション提案ができる、公共性の高い商品で地域活性や地元企業の支援にもなると喜ばれています。

本提携により、東北銀行ならびに当社にも提携メリットが見込めることから、契約締結に至ったという経緯がございます。

当社ではこれからも「トラックファンド(R)」事業を通じ、同時に地域金融機関との連携を強化しながら、日本のインフラを支える運送会社の支援を続け、運送業界の活性化に寄与してまいります。


<提携金融機関概要>
金融機関名● 株式会社東北銀行
代表者 ● 取締役頭取 村上 尚登
設立 ● 1950年10月
資本金 ● 132億3,300万円
本店所在地● 岩手県盛岡市内丸3-1
従業員数 ● 579人
店舗数 ● 55カ店、2出張所
URL ● https://www.tohoku-bank.co.jp/


【トラックファンド(R)】
リアライズコーポレーションが組成・運用する、大型トラック・トレーラー等を投資対象とする独自の金融スキーム。運送会社(新たな車両調達手段として「買う」から「借りる」へのビジネスの転換、財務体質の改善、ドライバーや整備士の働き方の改善)、投資家(運用利回りのいい安定的な投資)、金融機関(顧客ニーズに応えうる新たな金融商品の提供)の三者にメリットをもたらし、運送業界の発展につながる公共性の高い金融商品として、幅広い業界から注目を集めている。


【会社概要】
社名 : 株式会社リアライズコーポレーション
所在地 : 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー34階
代表者 : 代表取締役社長 今福 洋介
事業内容: 大型トラック・トレーラーを投資対象とする
「トラックファンド(R)」の組成・販売・運用、車両リース、
経営コンサルティング、事業再生など
URL : https://realizecorp.co.jp/


【お問い合わせ先】
URL : https://realizecorp.co.jp/
TEL : 03-6804-5936
FAX : 03-6804-5937
Eメール: info@realizegroup.co.jp

情報提供元:@Press
記事名:「リアライズコーポレーションが東北銀行と「トラックファンド(R)」を介した顧客紹介業務の提携契約を締結