血中酸素トラッキング機能


製品イメージ

アメリカ発GPS機器のパイオニア、ガーミンジャパン株式会社(以下 Garmin)は、4月下旬以降に対象のウェアラブルデバイスで、「血中酸素トラッキング」機能への対応を順次開始いたします。

本機能は、ランニングやゴルフ、サイクリングなど様々なアクティビティに対応したウェアラブルウォッチで、血液中に取り込まれた酸素レベルを測定することにより、より効果的にフィットネスのパフォーマンス向上やウェルネスライフのサポートに役立てることができます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/253161/LL_img_253161_1.jpg
血中酸素トラッキング機能


1. 開始時期
2021年4月下旬以降順次 ※機種によって対応開始日が異なる場合がございます。

2. 血中酸素トラッキング機能について
血中酸素トラッキング*1 では、血液中に取り込まれた酸素のレベルを手首で測定することができます。
Garmin製品、血中酸素トラッキングによる測定は、医療目的で使用されることを意図するものではなく、あくまで一般的なフィットネスとウェルネスの範囲で利用することを目的とするものです。血液中に取り込まれた酸素レベルを知ることは、疲労と回復のパラメータとなることで運動を続けるか休憩をとるかの判断を助けたり、パフォーマンスやフィットネスレベルの向上の基準にもできるという報告もあります。

血液中に取り込まれた酸素のレベルは、通常95%以上となる場合が多いですが、ロケーション、アクティビティ、個人の状態によってその数値は異なります。睡眠中は特に腕の位置や、腕が体の下敷きになるなど血流に支障をきたすような姿勢になっていると、測定値が実際の値よりも低く表示されることがあります。

3. 血中酸素トラッキングの仕組み
該当スマートウォッチ製品*2 では、赤色LEDライトと赤外線ライトを利用することで、血中ヘモグロビンのライトの吸収状態をデバイスの裏に備え付けられたセンサーで読み取り、血中酸素トラッキングデータをデバイスの画面上で表示します。

4. 血中酸素トラッキングの特徴
この機能ではユーザーの血中酸素レベルの推定値を提供します。血中酸素トラッキング値の計測は該当スマートウォッチ*2 を使用することで、デバイスを装着している間は測定したい時のみ、または睡眠中など継続的に測定することが可能です。特定のデバイスでは、ユーザーがいる現在の高度または高度のビューとともに、1日を通して定期的に追跡することもできます。

動作中の測定、デバイスの装着状態、または使用環境下の他ライトの影響などにより、正確な数値が測定されないことも考えられます。Garmin製品とこの機能は医療目的での利用を意図したものではありませんが、より正確なデータ測定を可能にするため、常に最新のソフトウェアに更新されることをお勧めします。

5. ヘルスサイエンス
Garminのウェアラブルデバイスは、血中酸素トラッキングのセンサーを使用して血中酸素レベルを表示します。私たちの心臓血管系は、体全体に酸素を分配する役割を担っています。血中酸素トラッキング値は、フィットネスとウェルネスにおいて参考となるデータです。一般的に、通常血中酸素レベルは95〜100%で、90%未満は低値とされています。高地での活動に参加する場合、血中酸素は身体の順応状態の参考となり、高度の変化に伴う血中酸素の増減を追跡するのに役立ちます。また、普段の生活のなかで身体的パフォーマンスに関する洞察を得ることができ、個人の健康の長期的な傾向も追跡できます。

6. ウェアラブルサイエンス
血中酸素は、運動能力に影響を与えるだけでなく、睡眠の質にも影響を与える可能性があります。
血中酸素トラッキングは、フィットネスとウェルネスの範囲で身体の適応や反応を見ることのできる機能の1つです。

血中酸素レベルを知ることで、体調を評価し、フィットネスの目標を立てたり、適切なトレーニング強度を決定することが可能になります。例えば急激に変化する高度で野外活動をしている場合、変化の状況によって体がどのように反応しているかを知ることができます。また、この数値を心拍数データと組み合わせることで、運動プログラムの有効性を評価するのに役立ちます。
さらに、このデータを活用し、睡眠時間やレム睡眠、睡眠中の身体の動きなどのデータをより深く理解することもできます。


*1 本機能は自己診断又は医師への相談をはじめとする医学的な使用を意図するものではなく、疾病の治療、診断、予防を目的とした医療機器ではありません。

*2 血中酸素トラッキング対応機種はこちらでご確認ください。(2021年4月6日時点)
・ForeAthlete 945/745/245シリーズ
・VENU/VENU SQシリーズ
・vivoactive 4/4Sシリーズ
・Legacyシリーズ
・vivomove 3/3Sシリーズ
・vivomove Style/Luxeシリーズ
・vivosmart 4
・Approach S62
・MARQ
・fenix 6シリーズ
・Quatix 6X
・Enduroシリーズ
・fenix 5X Plus
・Instinct Dual Powerシリーズ
・Descent Mk2/Mk2i
・Lilyシリーズ
※ウェアラブルデバイスのソフトウェア更新が必要となります。
※対象機種については、下記URLよりご確認ください。
https://www.garmin.co.jp/products/wearables/?cat=blood-oxygen-tracking
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/253161/LL_img_253161_2.png
製品イメージ


機能の詳細については、下記URLよりご確認ください。
https://www.garmin.co.jp/minisite/garmin-technology/wearable-science/blood-oxygen/
https://www.garmin.co.jp/minisite/garmin-technology/health-science/#blood-oxygen


【Garmin】について
Garmin(ガーミン)はアメリカ合衆国で創業されたGPS機器メーカーです。ゲイリー・バレル(Gary Burrell)と高民環(Min H. Kao)によって1989年に設立されました。Garminという社名は創業者2人の名前の一部、GaryとMinに由来します。Garminは創業当時から変わらず、ライフスタイルを豊かにするナビゲーションおよび通信デバイスを作ることを目標としてきました。無線技術をはじめ、自動車、航空機、船舶、フィットネス、アウトドアなど多岐な分野にわたって革新的な製品を展開しており、これまでに数億台のGPS受信機を製造・販売しています。創業以来一貫して黒字経営を行っており、米国株式インデックスS&P500の銘柄にも採用されています。
http://www.garmin.co.jp/

※本リリースに掲載されているブランド名、会社名などの固有名詞は各社の商号、商標または登録商標です。
※本リリースに掲載されている価格、発売時期、仕様は予告なく変更となる場合がございます。


<本製品に関する読者からのお問い合わせ先>
ガーミンジャパン株式会社
http://www.garmin.co.jp/
〒354-0036 埼玉県富士見市ふじみ野東1-7-6
TEL : 0570-049530
FAX : 049-267-9124
E-mail: jp_Info@garmin.com

情報提供元:@Press
記事名:「Garmin 「血中酸素トラッキング」機能への対応を4月下旬以降に対象のウェアラブルデバイスで順次開始