ハッカソン・アイディアソンイベント メインビジュアル


Power Apps開発画面

デジタルトランスフォーメーションで業務改善し、働き方改革を提供する会社、株式会社フロッグポッド(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林 竜也)は、Microsoft Power Platformのハッカソン・アイディアソンサービスを開始しました。


《ハッカソンサービスについて》

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/247771/LL_img_247771_1.png
ハッカソン・アイディアソンイベント メインビジュアル

昨今、コロナ禍を通じてデジタルトランスフォーメーションがクローズアップされる中、Power Platformについて、お問い合わせをいただく企業担当者から、アプリケーションの使い方よりも、自社業務をより具体的にシステム化し改善したいという、ご相談を多くいただきました。
ハッカソン・アイディアソンを通じて、実務をおこなう現場社員が課題を持ち込んでいただき、その場でアプリケーションを作り、具体化していくイベント運営をサービス提供します。
イベントを通じてアイディアをブラシアップし、技術習得を行い、終了後も自社内で継続した改善活動をおこなうことも可能です。

対象:・Microsoft 365を導入されている企業様で、社内システムの内製化を行いたい企業様
・非IT部門主導で、システム活用した業務改善をおこなっていきたい企業様

イベント内容(2日開催の場合):
[1日目]
事前に参加者を募りチームを作ります。
アイディアソンを開催し、チーム内での業務改善ポイントを相談しながら資料にまとめます。
完成後チームごとにアイディアを発表していただきます。

[2日目]
アイディアソンの結果を、経営者・管理者層と相談し、効果的なアイディアを選択し表彰します。
表彰チームとハッカソンをおこない、具体的なアプリを検討・構築していきます。
※アプリケーションを完成保証するサービスではございません。
※オンラインで開催です。全国の社員が参加していただけます。

料金:1日開催(少人数):30万円~
2日開催 :50万円~


《初心者教育 特別価格キャンペーン》
ハッカソン・アイディアソンサービス開始を記念して、初めてPower Platformに体験される方向けに、初心者教育を特別価格でご提供いたします。

講習内容:Power AppsとPower Automateを活用した備品持出管理キャンバスアプリ作成(8H)

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/247771/LL_img_247771_2.png
Power Apps開発画面

キャンバスアプリの基本となる操作を覚えながら、備品持出管理アプリを作成します。
Microsoft Dataverseでのデータベース操作と、Power Automateを活用した承認機能を学ぶことができます。
半日コースもご用意しておりますので、お問い合わせください。

料金:1名3万5千円で、3名様より特別価格でお引き受けいたします。(1日)(オンライン開催)


【会社概要】
社名 : 株式会社フロッグポッド
代表 : 代表取締役社長 小林 竜也
所在地 : 〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町20-3 箱崎公園ビル4F
資本金 : 1,000万円
設立 : 2006年12月11日
事業内容: システム開発、webサイト構築 など
URL : https://www.frog-pod.com/


・MicrosoftおよびPower Apps/Power Automate/Power BI/Power Virtual Agentは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。

情報提供元:@Press
記事名:「Power Platform ハッカソン・アイディアソンサービス開始のお知らせ