SMILE V CAB トークモード

ソフトウェア開発の株式会社OSK(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇佐美 愼治)は、多様なシステム連携機能を搭載した開発ツール『SMILE V Custom AP Builder(スマイル ブイ カスタム エーピー ビルダー)』の新バージョンを、2020年11月20日(金)に発売いたします。

『SMILE V Custom AP Builder(以下、SMILE V CAB)』は、ERP導入を効率的かつ低コストで実現するために、SMILE Vの販売・会計・人事給与をはじめとする各種業務システムへのアドオン開発ができるツールとして進化してきました。個別要件に応じた新たな帳票や入力画面の設計、集計・分析機能、RPA機能などの豊富な既存機能に加え、今回リリースする新バージョンでは、充実のシステム連携機能を搭載。急激に変化するビジネス環境下でも、コストや時間をかけずに分断されたシステムや業務を統合でき、企業の生産性向上を推進します。

まず、モバイルシーンでも入力しやすい「トークモード」を搭載しました。会話形式の親しみやすいUIであるうえ、フリーテキスト入力の形態素解析も可能なため、モバイル機器でも手軽に操作できる入力画面をアドオンできます。また、SMILE V CABで開発したシステムとSMILE V スケジューラのインタラクティブなデータ連携、Web APIを一層活用しやすくするJSONデータとテキストファイルの相互変換なども可能としました。複数システム間のデータ連携により、二重入力等の手作業を削減するだけでなく、データ活用範囲を大幅に拡張することができます。
SMILE V CABは、環境変化にもすばやく柔軟に対応可能な開発ツールとして、継続的なシステムの機能追加・拡張にご活用いただけます。


■SMILE V CAB トークモード画面イメージ(応対履歴入力画面)
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/235661/LL_img_235661_1.png
SMILE V CAB トークモード

■SMILE V Custom AP Builder(SMILE V CAB)の主な強化機能
・トークモード :ブラウザ実行オプションの新しい入力形式として、
チャットボットライクな会話形式入力「トークモード」を
搭載しました。
トークモードでは、形態素解析により、文章でのフリーテキスト
入力から単語を抽出し、適切な項目に自動セットされます。
スマートフォンなどのモバイル機器でも入力が容易です。
1つ1つ項目入力する通常の画面と切り替えながら利用する
ことも可能です。
・スケジューラ連携:SMILE V CABとSMILE V スケジューラの双方向連携が
可能となりました。
スケジューラから、スケジュールの日時などをセットした状態で
SMILE V CABの入力画面を自動起動することや、
SMILE V CABの入力画面の入力内容をスケジューラに自動反映
させることができます。
・Web API強化 :JSON形式のファイルとテキスト形式のファイルの相互変換の
設定が可能となりました。
これにより、外部システムやサービスとのAPI連携が容易となり、
システムの拡張性が高まりました。

この他にも利便性の高い機能の搭載や、操作性の改善などの強化を多数実施しています。


■ご紹介ページ
SMILE V : https://www.kk-osk.co.jp/products/smile_v/?p


【製品名とメーカー希望価格(税別)】
・基準情報100,000円~
※開発ツール(SMILE V Custom AP Builder)は、SMILE V 基準情報に含まれます。

◇SMILE V <基幹系モジュール>
・販売モジュール 500,000円~
・会計モジュール 250,000円~
・給与モジュール 250,000円~
・人事モジュール 400,000円~

◇SMILE V <情報系モジュール>
・ドキュメント管理モジュール 250,000円~
・ワークフローモジュール 550,000円~
・スケジューラモジュール 150,000円~
・コミュニケーションモジュール 150,000円~


【販売開始日】
◇2020年11月20日(金)

※「SMILE V」は株式会社OSKの登録商標です。
※文中に記載の製品名等固有名詞は各社の登録商標または商標です。


■株式会社OSKコーポレートサイト
https://www.kk-osk.co.jp/


■お客様お問い合わせ先
株式会社OSK マーケティング本部 企画販促課
TEL : 03-5610-1651
FAX : 03-5610-1692
e-mail: webmaster@kk-osk.co.jp

情報提供元:@Press
記事名:「SMILE V 開発ツールでインタラクティブ連携を実現! ~会話形式入力モードや双方向システム連携を強化~