ゴリラのすべて


シャバーニ


シャバーニとキヨマサ


キンタロウ

株式会社廣済堂出版(所在地:東京都千代田区、代表取締役:後藤 高志)は、ゴリラの魅力をたっぷり一冊に詰め込んだ廣済堂ベストムック「ゴリラのすべて」を2020年8月6日(木)に全国書店で発売いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/221754/LL_img_221754_1.jpg
ゴリラのすべて

【本書のポイント】
<会いに行ける!>
日本国内のゴリラは全部で20頭。6施設にいる20頭を一挙紹介。飼育員さんのコメントも入れ、ゴリラそれぞれの性格やエピソードも盛り込みました。

<ゴリラを知る!>
ゴリラと言えばこの人!霊長類学者にして京都大学総長の山極 寿一先生を監修に迎え、その生態を写真と図解で余すところなく解説。ゴリラの体のつくり、身体能力、コミュニケーションの方法、シルバーバックのリーダーシップが学べます。

<イクメンゴリラ“シャバーニ”のグラビア!>
写真集にもなった人気イクメンゴリラのシャバーニ(東山動植物園)の姿をたっぷりと楽しめます。

<可愛い盛りの“キンタロウ”!>
1歳になったばかりの人気のキンタロウ(京都市動物園)のベストショットを集めました。


【担当編集から】
“進化の隣人”とも言われ、私たち人間にとても近い存在のゴリラ。
その生態は、人間に近いとも言えますし、また大きく違うとも言えます。
例えば、その優しい家族生活。
ゴリラの家族は、体の大きさも、食べる量も、動く速度も違うのに、お互いが気を使いながら一緒に行動します。
さらに、仲たがいが生じれば、必ず誰かが仲裁に入り仲直りをします。
その中心にいるのが、大人のオス“シルバーバック”です。
近年、ヒエラルキーが顕著なサル社会化も指摘されている私たち人間が、そんなゴリラたちから学べることはたくさんあるのではないかと考え、このムックを出版させていただきました。
是非、この本を手に取り、ゴリラを知り、学び、そして実際に動物園に見に行かれる機会が訪れることを、担当編集として願っております。


【ギャラリー】こちらの画像は使用できます(要クレジット 撮影:南幅 俊輔)。
こちら以外の画像もご用意できますので、遠慮なくご連絡ください。

人気イケメンゴリラのシャバーニ(東山動植物園)
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/221754/LL_img_221754_2.jpg
シャバーニ

父シャバーニに抗議するキヨマサ(7歳)
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/221754/LL_img_221754_3.jpg
シャバーニとキヨマサ

可愛い盛りのキンタロウ(京都動物園、1歳)
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/221754/LL_img_221754_4.jpg
キンタロウ

ほおかむり姿で踊る!? シャバーニ(東山動植物園)
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/221754/LL_img_221754_5.jpg
シャバーニ(ほおかむり)

■書籍について
廣済堂ベストムック「ゴリラのすべて」
A4変型版 96P
1,300円+税


■監修者について
山極 寿一(京都大学総長、霊長類学者)
1952(昭和27)年、東京都生れ霊長類学者・人類学者。京都大学理学部卒、同大学院理学研究科博士後期課程単位取得退学。理学博士。アフリカ・ルワンダのカリソケ研究センター研究員、日本モンキーセンター、京都大学霊長類研究所、同大学院理学研究科助教授を経て同研究科教授。2014(平成26)年10月より京都大学総長。『父という余分なもの―サルに探る文明の起源―』(新潮文庫)、『おはよう ちびっこゴリラ』(新日本出版社)、『暴力はどこからきたか―人間性の起源を探る―』(NHK出版)、『ゴリラからの警告「人間社会、ここがおかしい」』(毎日新聞出版)、『京大総長、ゴリラから生き方を学ぶ』 (朝日文庫)など著書多数。


【こちらも是非!】
好評発売中!!「ハシビロコウのすべて」
A4変型版 96P
1,200円+税


■会社概要
商号 : 株式会社廣済堂出版
所在地: 〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-3-13 M&Cビル7F
代表者: 代表取締役 後藤 高志
設立 : 1970年4月
URL : https://www.kosaido-pub.co.jp

情報提供元:@Press
記事名:「ウンコの形から、大人の証“シルバーバック”まで解説!廣済堂ベストムック「ゴリラのすべて」2020年8月6日(木)全国書店で発売スタート