2021年の国内ギフト市場は、コロナ前の2019年と同等の水準にまで回復することが見込まれています(2021年1月現在)。

中でも新たなコミュニケーション手段として、少し贅沢なギフトに注目が集まっているようです。

ギフト市場規模推移・予測
コロナ禍においては、フォーマルギフトを贈る機会である冠婚葬祭が軒並み中止、延期、規模縮小となりギフトの贈呈機会が大幅に減少しました。

一方、「誕生日」「母の日」「父の日」といった、より近しい間柄で贈られるカジュアルギフトは好調に推移。
外出自粛により気軽に会えなくなったことで、コミュニケーション手段としてギフトが利用されるようになっています。

コミュニケーションギフトとして進化する、少し贅沢な日本の伝統ギフト

ギフトの中身としても、在宅比率の高まりから少し贅沢な自家需要商品を贈るなど、これまでにはない傾向も見られます。
■Alain Ducasse Sparkling Sake (720ml)
¥5,500

七賢とアラン・デュカスの探究心が共演するスパークリング酒は、口に含むと舌を刺激する果実の味わいが一気に花開きます。

酒を酒で醸す伝統技術と桜樽での熟成、瓶内二次発酵を経て完成。
桜を彷彿とさせる美しいピンクラベルはダイナースクラブ会員様限定カラーです。
6月1日からはダイナースクラブの「ごほうび予約」で発売開始予定です。

コロナ禍にまだまだ終わりが見えない中、遠方にいる大事な人に特別なギフトを贈るのも、素敵なコミュニケーション手段の1つとなりそうです。

【参考】
※七賢「Alain Ducasse Sparkling Sake」商品ページ
https://fujingaho.ringbell.co.jp/shop/g/g005T-017/

【参考】
※ダイナースクラブ 公式サイト
https://www.diners.co.jp/ja/index.html

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「「ギフト」が新たなコミュニケーション手段に?「誕生日」「母の日」「父の日」など親しい間柄へのギフトが好調