サステナブルな産業構造に
藻類の培養と抽出・精製によるヘルスケア食品(スピルリナ)や天然系青色素(リナブルー)の製造・販売を行うDIC株式会社が、バイオベンチャー企業群の「ちとせグループ」の主催する藻類を活用した日本発の企業連携型プロジェクト『MATSURI』に法人パートナーとして参画します。

サステナブルな産業構造への転換が求められる近年、二酸化炭素を吸収して光合成により有用物に変換する藻類の活用が注目されています。

『MATSURI』では参画する企業・団体が、藻類産業の構築に必要な設備・加工技術、製品開発、物流・販売網などを持ちより、企業間で連携して取り組むプロジェクトです。

現在、9業種20機関が参画し、サステナブルな燃料、食料、プラスチックなど、藻類製品の社会普及を目指しています。

藻類による新産業創生へ
DIC株式会社は、栄養補助食品のスピルリナナチュラルや鮮やかな発色が特徴の天然系青色素リナブルーといった藻類製品を30年以上に渡り製造・販売してきた実績があります。

今回、『MATSURI』に参画することで、既存事業の発展とサステナブル社会の実現をよりスピーディにし、同社が持つ藻類事業のアセットを幅広い業種と連携して活用、プロジェクトで開発された物質の化学産業応用により新産業のプロセスを構築します。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※『MATSURI』ホームページ
https://matsuri.chitose-bio.com/
 
※ちとせグループホームページ
https://chitose-bio.com/jp/

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「サステナブルな藻類製品で新産業を!『MATSURI』にDICが参画