コロナ禍のいま、子どもの運動不足が気になっているという方は多いのではないでしょうか。
株式会社Ampusが運営するストライダージャパンは、コロナ禍の幼児の外遊びに関する実態を明らかにするために、3〜6歳(未就学児)のお子様がいる母親400名にインターネットを利用したアンケート調査を行いました。

幼児の外遊びに関する意識調査
外出自粛要請もあり、コロナ禍で家にいる時間が増えた中、お子様の運動不足について尋ねると、77%と8割近くの親が「運動不足が気になる」と回答しました。
現状に対して問題意識を抱えていることがうかがえます。

約4割のお子様が外遊びの頻度が「減った」と回答、動画鑑賞やゲーム時間は増加
また、新型コロナウイルス感染拡大前の2019年と比較して、約4割の親が、お子様の外遊びの頻度が「減少した」と回答しました。
一方で、お子様が動画を観たり、ゲームをしたりする時間が増えたかを尋ねると、半数以上のお子様が「増えた」と回答。在宅時間が増えたことで、外遊びの機会が減り、家での遊びとして動画やゲームの時間が増えているようです。

9割以上の親が子どもにとっての外遊びを重要視
お子様にとって外遊びの重要性を感じているかを尋ねると、9割以上の親が「重要」と回答。
一方で、外遊びの悩みを聞いてみると「外遊びのバリエーションがない」「遊ぶ場所がない」「けがや犯罪に巻き込まれないか心配」などの回答が集まり、親として“子どもをどのように遊ばせたらいいか分からない”という悩みや不安を抱えていることが分かりました。

子どもの外遊びのきっかけをつくる!世界中で愛されるストライダー
STRIDER®(ストライダー)は、世界25ヶ国、200万人以上の子どもたちに愛されているただひとつのランニングバイクです。
ストライダーは三輪車や補助輪付き自転車とは違い、子どもたちが、自ら直感的にバランスをとりコントロールする乗り物です。
だからこそ、自然とバランス感覚が身につき、体幹も鍛えられ、ココロとカラダが大きく成長する1歳半から5歳の間、子どもたちの好奇心を満たすことができます。

今回の調査ではストライダーに習慣的に乗っている子どもの方が外遊びの頻度が高いことも明らかになっています。GWは密を避けて1人で遊べるストライダーも良さそうです。
子どもの運動不足が気になる方はぜひチェックしてみてください。

【参考】
※ストライダージャパン(株式会社Ampus)
http://www.strider.jp

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「約8割の親が子どもの運動不足が気になると回答。GWはどうする?コロナ禍の子どもの運動不足