本格的な冷え込みが気になるようになってきました。
寒さで夜間、よく眠れないという人も多いのではないでしょうか。
冬に快適な睡眠がとれるよう、三菱電機の住環境に関する専門家に、よりよい睡眠環境づくりのポイントを解説して頂きました。

冬の睡眠の質に満足していない人が6割以上!
三菱電機 霧ヶ峰PR事務局が実施した「冬の睡眠環境に関する意識調査」によると、6割以上の人が冬の睡眠の質に満足していないということがわかりました。
また、その理由として、「朝寒くて起きるのがつらい」や「乾燥でのどが痛い」、「手足が冷えて眠れない」など、室内の環境が原因と思われる項目が挙げられました。

テクニック1:エアコンを一晩中つけておく
エアコンを付けたままにすることのメリットは「室温が一定に保たれる点」です。
夜中のお手洗いや朝布団から出るタイミングでも、寒暖差による健康面への影響が起きにくいので安心です。

テクニック2:外気をブロック!
「断熱カーテンを床までかける」「窓に断熱シートを貼る」「内窓を取り付ける」など寝室を冷やさないようにしましょう。

テクニック3:乾燥対策、睡眠時のマスク着用
エアコンを付けると湿度を「40〜60%」にキープするのが難しくなります。そのため一緒に加湿をしましょう。

テクニック4:換気
部屋の空気が汚れていると呼吸が浅くなり、睡眠の質が低下して疲れが残ってしまうことがあります。
エアコンをつける前に窓を開けて換気をするなど、きれいな空気を部屋に取り入れてから睡眠に入ることで呼吸も深くなり、疲れが残りにくくなります。

テクニック5:布団を事前に温めておく(布団乾燥機/湯たんぽ)
冷たい布団に入ると、筋肉がキュッと収縮して深い眠りに入るための体温の放熱ができません。
結果的に寝付きが悪くなります

テクニック6:寝具の順番
羽毛布団を使う場合は、身体に直接触れる形で使うのがオススメです。
体温の力で膨らみ布団の中に熱がキープできます。
またマイクロファイバー毛布を上からかけて羽毛布団を体に密着させ、肩口からの冷気を防ぐと良いでしょう。

テクニック7:パジャマ(肌着の内側にフェイスタオルを入れる/肌着の下部はパジャマのズボンの中に入れる)
寒がりの人は、背中の保温性を高めるようにしてみてください。
横向きになったときに、背中と掛け布団のすき間から冷気が入りやすいため、寒くて途中で目が覚めやすくなります。
そのため肌着の内側にフェイスタオルを入れると、保温や保湿効果が期待でき、グンと熟睡感がアップします。

今回ご紹介したテクニックを活用して、快適な睡眠環境を整えましょう。

【参考】
※三菱電機 霧ヶ峰
https://www.MitsubishiElectric.co.jp/home/kirigamine/

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「プロが教える「寒い冬でも快眠できる」7つのテクニック