高純度・高実感ブランド「fracora(フラコラ)」を展開し、化粧品・美容健康食品の製造販売を行う株式会社協和は、2020年11月4日(水)より、「fracora」(以下、フラコラ)において、髪専用原液「プロヘマチン原液」の容器形状のリニューアルをおこないました。

このリニューアルに際しフラコラでは、40~50代の有職者女性500名を対象に、「リモート時代のヘアケア事情」をテーマにした調査を実施しました。
リアルで対面する機会が減少したことにより、ヘアケアについてのモチベーションが低下しているようです。

リモート化の落とし穴!? ヘアケアにかける時間が減った人ほど、髪の状態も悪化!?
はじめに、オンライン対面とリアルな対面を比較して、「ヘアスタイリング」への意識の差を聞きました。
その結果、実に半数以上(53%)の女性が「オンライン対面時は、髪型がおざなりになりがち」と回答しました。
さらに、「オンラインでの対面が増えてから、ヘアケアにかける時間が減った」と答えた人(161名)のうち、約6割近く(56%)は、「髪の状態が悪くなったと感じたことがある」と回答。
ヘアケアの時間が短くなったことで、髪の状態が悪化している女性も多いようです。

なお、髪の状態について具体的に聞くと、「乾燥や切れ毛が気になるようになった」(42歳)、「髪のツヤがなくなってきた」(45歳)などのほか、「抜け毛が多くなった」(41歳)、「ハリがなくなってきたように思う」(51歳)など、髪のボリュームに関する回答も目立ちました。
オンライン対面だからと油断して日々のヘアケアを怠っていると、髪のさびしい印象が加速してしまうと言えそうです。

リモート時代こそ、意識してヘアケアを! 美容のプロのおすすめは「ヘマチン(※)」を使ったお手入れ

こうした結果をふまえ、今回は、ビューティジャーナリストの前田美保さんに、「リモート時代におけるヘアケアのポイント」を伺いました。
前田さんがヘアケアにおいて注目している成分が「ヘマチン(※)」。「実はこれ、新しい成分ではなく、美容室などのプロユースでは長く使われているものです」と言います。

「ヘマチン(※)」は毛髪補修成分のひとつですが、面白いのが毛髪のタンパク質と瞬時に結合する性質があること。
「要は剥がれたキューティクルから入り込んで内側から補修しながら、タンパク質と結合してくれるおかげで、その補修部分をキュッと保護できます」と、その素晴らしい効果を教えて下さいました。
(※毛髪補修成分)

前田さんがおすすめする優秀なアイテムがフラコラの『プロヘマチン原液』。シャンプーなどではなく、単独かつ原液として使うことで、成分を安定させてヘマチン本来の力を引き出せるそうです。

塗って10秒待つだけ! 「プロヘマチン原液」を使った簡単お手入れで、若々しさをキープ
フラコラの「プロヘマチン原液」は髪のための原液美容液です。
高い補修機能をもち、髪の毛のハリ・コシ・ボリュームをサポートし、ツヤのあるまとまった髪へと導きます。

また、2020年11月4日(水)には、製品容器をリニューアル。ポンプ容器がツイストキャップ容器に変わり、根元や毛先に直接付けることができるようになりました。

リアルな対面の際、相手に「髪がさびしい」「なんだか老けた」という印象を与えないために、そして自分自身が髪の悩みにとらわれることなく、好きな髪型、好きなスタイリングをいつまでも楽しむために、「プロヘマチン原液」を毎日のシャンプータイムに取り入れていきたいですね。

【参考】
※フラコラ 『プロヘマチン原液』ウェブサイト
https://www.fracora.com/hair/prohematin.html

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「「fracora(フラコラ)」がリモート時代のヘアケア事情を調査。多くの女性が 「コロナ前より髪の状態が悪化」と回答