春の新生活シーズンを迎え、コロナ禍の中で引越しをすることに不安を感じている人は多いのではないでしょうか。

株式会社リクルート住まいカンパニーが運営する引越し見積もり比較サイト『SUUMO(スーモ)引越し見積もり』は、コロナ禍(2020年3月〜)に引越しをした人(首都圏)を対象に、「コロナ禍の引越しに関する調査」を実施しました。

感染症対策に不安を感じながらも、満足度は高い結果に
調査によると、2020年、実際に引越しを経験した人の多くはコロナ禍での引越しを不安に思っており、最も多かったのが「スタッフやサービスのコロナ対策がなされているか不安だった」といった回答で、37.7%という結果となりました。

しかしながら、「今回の引越しに満足していますか?」といった質問に対しては「満足した/どちらかといえば満足した」と答えた人が78.7%と、多くの人がコロナ禍でも引越しをして良かったと考えていることがわかりました。

オンラインでの見積もり完結や引越し会社の感染症対策の充実がポイント
コロナ禍の引越しに満足している人が多い理由としては、引越し会社各社が非接触での対応を充実させたという背景があります。
実際に引越し会社が行ってくれたサービスTOP3は、
「スタッフが飛沫防止のためのマスクorフェイスシールドを着用していた」
「オンラインで見積もりが完結できた」
「スタッフの健康管理がされていた(検温等)」
でした。

通常のコロナ対策の他、引越し業界が見積もりを正確に出すため従来から行われてきた対面での見積もりを、オンライン見積もりで完結できるようアップデートしている会社が多いことがわかります。

見積もり方法のオンライン化、不安は残るものの満足度は高い結果に
見積もり方法を調査したところ、自宅訪問で見積もりを実施した人は3分の1に留まりました。

対面見積もりをした人の48.1%が「困ったことはない」と答えているのと比較し、「テレビ通話など『動画』を利用した見積もり」を活用した人で「困ったことはない」と答えた人は7.1%に留まり、新しい見積もり方法を不安に思っていたことがわかります。

しかしながら、見積もり方法別にみた満足度の結果を見てみると、写真や動画を利用した新しい見積もり方法を実施して不安が大きかった人も、結果として引越しが終わった際の満足度は高かったことがわかりました。

『SUUMO引越し見積もり』サービス
SUUMO引越し見積もりとは、インターネット上で複数の引越し会社に無料で一括見積もりができるサービス。
複数の見積もり価格を比較することで、希望日に一番安く引越しができる引越し会社を見つけられます。

公益社団法人全日本トラック協会「トラック混雑予想」によると、引越しの混雑状況は3月初旬からはじまり、3月20日から4月にかけては特に混み合うそう。
こうした混雑時期を避け、感染対策が徹底されている引越し会社を選ぶのがポイントです。
ご紹介したオンラインの一括見積もりサービスなども活用し、より良い引越し会社を見つけ出しましょう。

【参考】
※SUUMO引越し見積もり WEBサイト
https://hikkoshi.suumo.jp

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「コロナ禍の引越しでの不安を調査、「スタッフやサービスのコロナ対策」が最多