モデルも女優もアナウンサーもみんな細身。「痩せていること」が美の基準になっているため、大柄な女性は自信を持ちにくく、肩身が狭い思いをしがちです。

けれど、「ありのままの自分を愛し表現すること」の大切さにも視線が向けられつつあります。
そして日本でも、ついにプラスサイズの女性のビューティコンテストが開催されることになりました。

大切なのは、あなたの心のサイズ
「Todayʼs Woman」は、Smiles and Thanks株式会社が開催する日本初となるプラスサイズのビューティコンテスト。2021年10月の大会に向け、3月8日に公式サイトをオープンし、大会出場者の募集をスタートしています。

「Todayʼs Woman」は、洋服サイズやウエストサイズに関係なく、心のサイズを重視したプラスサイズの新しいビューティコンテストです。

プラスサイズとは、人より豊かな心、胸、ウエスト、お尻、脚を持った素敵な女性のこと。その素敵なプロポーションを持っている人こそ、「Todayʼs Woman」に出場する権利があります。

「Todayʼs Woman」の顔を務めるプラスサイズのモデルmariさんは、細いことが美しいとされる日本では、大きなサイズの自分がコンプレックスだったと語ったうえで、次のようにコメントを寄せています。

「海外に住んで、違う文化に触れ、違う肌色、違う洋服のサイズの人たちに出会って全てが変わりました。 みんなと違う自分でも良いのだと、自分自身を愛して良いのだと気付いたんです。 それからは自分の体型に関して、前よりもっともっと心地よく感じています」

mariさんはまた、「みんながこのコンテストを通じて、自分の美しさ、可愛さ、セクシーさ、自信を感じられることを切に願っています」と語っています。

20歳以上のプラスサイズの女性なら誰でも応募できる
「Todayʼs Woman」へのエントリーはとても簡単。公式サイトのエントリーフォームから必要事項を記入し、写真2枚(上半身・全身)を添付して送信するだけです。

応募資格は、「20歳以上の女性」であること以外不問。それ以外は年齢、洋服のサイズ、国籍、妊娠中、既婚・未婚などは何も問いません。

年齢も、20〜39歳の女性がエントリーする「Sophisticated Women」クラスと40歳以上の女性がエントリーする「Elegant Women」クラスに分けられており、若い女性のためだけのコンテストでもないのです。

「Todayʼs Woman」が求めるのは、内面の充実したプラスサイズ女性
審査はスタイル審査、イブニングガウン審査、スピーチ審査において、自信、決定力、表現力、笑顔、ビジョン等を評価し、グランプリを選出します。

求めるのは、自身と他者を尊敬し、希望を持って自分の可能性に挑戦する、プラスサイズの女性。また、SDGs(持続可能な開発目標)に対する思いを持ち、行動する女性を歓迎しています。

プラスサイズでもかわいいだけではダメで、自分自身の考えやそれを表現する力が求められています。

大柄なことがコンプレックスだった女性や、ビューティコンテストには興味があったけれど体系で諦めていた女性はチャンス。自分にもっと自信を持つためにも、コンテストにエントリーしてみてはいかがでしょうか。

【参考】
※公式サイト
https://www.todayswoman.com/

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「【日本初】プラスサイズ女性のビューティコンテスト「Todayʼs Woman」が開催!