こだわりのコーヒーが飲める都会のオアシス
株式会社銀座ルノアールが運営する「喫茶室ルノアール」が、2021年3月15日に併設ビジネスブースの「定額パック」を(3時間1050円)スタートしました。

都会のオアシスとして親しまれている「喫茶室ルノアール」は、落ち着いた雰囲気の店内とこだわりのネルドリップ抽出で作るブレンドコーヒーが魅力。

フランネルという片面が起毛した布地で編みこまれたフィルターを使用するネルドリップ抽出は昔ながらの喫茶店の代名詞といわれていますが「喫茶室ルノアール」では、絶妙なタイミングで何度もお湯を注ぐ匠の技(ハンドドリップ)を忠実に再現した専用コーヒーマシンを採用。

コーヒー本来の味を最大限に引き出した、濃厚で丸みのある独特な深い味わいを実現しています。

4月からは6時間パックもスタート
今回スタートした「定額パック」を利用できるビジネスブース設置店舗は新横浜駅前店・新橋日比谷口店・新橋汐留口駅前店・四谷店・大久保店・銀座6丁目店・巣鴨駅前店・池袋パルコ横店・渋谷東急ハンズ前店の9店舗。

プライバシーを確保できるワーキングスペースは、テレワークに最適。コンセントやフリーWi-Fi、コピー機、名刺アプリと連動したスキャナーなども利用可能となっています。

3時間の利用時間内は、入退出自由。定額パック利用料以外にワンドリンクの注文が必要となりますが2杯目以降のドリンクはコーヒー・紅茶類に限り飲み放題となります。

「喫茶室ルノアール」では、2021年4月1日より6時間の定額パック(1800円)をスタートする予定です。

※価格は税込み。

(画像はプレスリリースより)
(画像は株式会社銀座ルノアールより)


【参考】
※株式会社銀座ルノアール
https://www.ginza-renoir.co.jp

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「「喫茶室ルノアール」がビジネスブースの定額パックをスタート