西武の2021バレンタイン
東京・西武池袋本店では2021年1月16日(土)から2月14日(日)までの間、「つながる」をテーマにしたチョコレートを集めた「チョコレートパラダイス2021」が開催されます。

今年の西武のバレンタインフェアには、購入を通じて社会貢献活動の促進や支援につながるチョコレートをはじめ、およそ100店舗のショップが集結します。例年より会場を拡大し、感染対策を徹底しながらの開催です。

参加ブランドの一例をご紹介
同フェア初登場となる「マーハチョコレート」からは、濃厚な「生ガトーショコラ」が登場。現役大学生がガーナでの高品質なカカオ生産支援や流通の構築に尽力し、サスティナブルな社会を目指すブランドです。

同じく初登場の「うまそうチョコレート」からは、絵本作家宮西達也氏が手掛けたイラストボックスに入った5種のガナッシュアソートが。売り上げの一部はザンビアの女性支援事業に使われます。

この他にも森林の保護につながる商品やフランス有機認証取得のチョコレート、自分へのご褒美にもぴったりな高級ブランドのものなど、幅広いラインナップが取りそろえられています。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※西武池袋「チョコレートパラダイス2021」
https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/chocopara/

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「西武池袋のチョコレートパラダイス!今年のテーマは「つながる」