吊り下げ式の焚き火台など、エッジの効いた機能的ギアを送り出している気鋭のブランドdetour life(デトアーライフ)から、日本伝統の前掛けをキャンプ仕様に進化させたアイテムが登場した。

detour life「MIKAWAYA」¥8800

古くから商店の仕事着として愛されてきた日本伝統の「前掛け」。キャンプでエプロン代わりに使う人も多く、調理や洗い物での服の汚れや濡れを防げるのはもちろん、焚き火シーンでは薪を運んだり、火の粉や煤汚れを防いだりと活躍するアイテムだ。

そんな前掛けの進化版としてデトアーライフがしてつくったのが「MIKAWAYA(ミカワヤ)」。日本で最後に残った前掛けの産地である愛知県豊橋市の前掛け織り工場から約100年前のシャトル織機を引き継いで、超極厚キャンバス生地の1号帆布を使った前掛けを織っている前掛け専門店anything(エニシング)とコラボ。エニシングのこだわりの前掛けをキャンプ仕様に進化させた前掛けになっている。

前掛けというと正面で紐を結ぶのが一般的だが、「ミカワヤ」は脱着が楽なバックル式。さらに、便利なウエストポケットがついていて、このウエストポケットは取り外してカーミットチェアのバックポーチとしても使えるようになっている。

ウエストポケットはUSミルスペックのモスキートネットをメッシュに使ったコーデュラ生地バージョンと、ULギアに使われる強靭な生地であるスペクトラ生地バージョンから選ぶことができる。

前掛け本体のカラーもブラック、ナチュラル、レッド、ネイビー、オリーブの5色から選べるので、自分好みの組み合わせの前掛けが見つかりそうだ。

 


(問)TSUNOKAWAFARM https://detourlife.stores.jp/

情報提供元:GO OUT
記事名:「デトアーライフから斬新な前掛けが登場! カーミットチェアのバックポーチになるキャンプ仕様。