2019年にデビューを飾り、ポップなカラーとモダンなデザインが職人気質の確かな造りと融合した「TAKI BE CAN」で一躍話題となったガレージギアブランド「THE IRON FIELD GEAR(ジ アイアン フィールド ギア)」。最近では、「おうちで料理を楽しむ焚き火ギア」として、煙が少ない庭用の薪ストーブが発表され再注目されている。

そんな今話題のブランドが放った、新作の焚き火台も目が離せない。肉厚な鉄板を使ったタフながらもコンパクトな焚き火台だ。

THE IRON FIELD GEAR「TAKI BE ITA」
(左) Sサイズ  ¥9900/ (右) Lサイズ  ¥15070

ジ アイアン フィールド ギアの焚火台「TAKI BE ITA」は、焚き火台では常識外れの3.2mmという極厚の鋼板を使ったタフな焚き火台。

本体の下側にはブランド名の頭文字「TIFG」が、側面パーツにはTAKI BE CANを引き継いだデザインがスタイリッシュに抜いてある。

大・小2種類の板がそれぞれ2枚の合計4枚の板で構成されていて、組み立ては4つのパーツを組み込んでいくだけで簡単。収納ケースを兼ねる灰受けにちょうど重ねて納まる形になり、収納時の厚みは1cm以下になるというコンパクトさが魅力だ。

写真で持っているのはSサイズの収納箱。

灰受けに入れて薄くなった本体を収納する、専用収納箱(厚さはS・Lともに1.8cm)も付属するので、持ち運びもしやすい。

三角パーツは、サイドに取り付けることで薪おき台としても使用可能。この三角パーツは、ホーロー加工のものも発売予定となっていて、「TAKI BE CAN」のように好みのカラーでオリジナル感を楽しむことができる。

また、五徳が付属しているので、これ一台でスキレットやケトルをのせての焚き火料理も楽しめる。

サイズは、ソロキャンプに最適なSと、ファミリーキャンプやグループキャンプに最適なLの2種類。黒い塗装は耐熱塗装ではないので、燃やす度に鉄の味わいが増していくそうで、長年使いながら育てていく楽しみもありそうだ。

【SPEC】
サイズ:S…W195×H212×D233mm/L…W273×H299×D330mm
収納箱サイズ:S…W300×H280×D18mm/L…W430×H385×D18mm
重量:S…本体3.4Kg+五徳セット1.1Kg/L…本体6.7Kg+五徳セット1.3Kg
付属品:キャリングバッグ、五徳、ロストル、五徳・ロストル用ポーチ


(問)ジ アイアン フィールド ギア https://shop.tifg.jp/

 

■併せて読みたい!
「手軽に始められる憧れの薪ストーブ生活。「タキビクッカー」で極上の庭チルタイムを。」

 

情報提供元:GO OUT
記事名:「うわさのブランドが放つ、画期的な焚き火台。極厚の鋼板仕様だけど収納時は1cm以下!