小さくても上質な存在感

ボディよりやや細身なフラップ(ふた)と両サイドに配された革巻きのバックルがアクセントになったミニショルダーです。スマホやミニ財布、ハンカチ、替えのマスクなど最小限の持ち物を入れて出かける際のお供にぴったりな小ぶりなサイズ感(※iPhone11PROサイズ [71.4×144㎜]まで入ります)。ふだん着でどこにでも持って出かけられるコンパクトさながら、そのたたずまいには気品があふれています。持つだけで自分自身の素敵さが増すこの感じ、ぜひ知ってほしい……。

 

 

国内有数のランドセルメーカーのものづくり精神が生きる鞄の数々

《土屋鞄製造所》は1965年にランドセルづくりから始まった国内老舗革製品ブランドです。 子どもたちの6年間の成長を支える丈夫さと、長く愛せる、シンプルで品のあるたたずまいを大切にするというランドセルづくりに受け継がれる、ものづくりのDNAはランドセルのほかに扱う大人のための鞄にも生かされています。

 

バッグ黒¥41800/土屋鞄製造所、デニムジャケット¥13200/Levis®︎(リーバイ・ストラウス ジャパン)、Tシャツ¥14300/HYKE(ボウルズ)、眼鏡¥35200/MOSCOT(モスコット トウキョウ)、バンダナ¥2750/nanamica(ナナミカ 東京)

【お問い合わせ先】
土屋鞄製造所 0120-907-647
リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-507
ボウルズ 03-3719-1239
モスコット トウキョウ 03-6434-1070
ナナミカ 東京 03-5728-3266

 

 

年がら年中、FUDGEガールの相棒で、日々大活躍のデニムだけれど、暖かくなってこれからますます着たくなる気分。そこで今回は、白T+ジーンズのようなシンプルにまとめたデニムコーデにアクセントを加えてくれる「バッグ&シューズ」が集結!今年らしい小さめサイズを中心としたバッグと、きちんと感とぬけ感が絶妙なシューズのラインナップの中から、この春夏のとっておきを見つけて。

 

photograph_Kitamura Keisuke
styling_Hosonuma Chie
hair & make-up_Murakami Aya
model_Jessica
text_Koba.A
edit_Ogura Fumika, Oguchi Eiko

 

 

情報提供元:FUDGE
記事名:「ジュエリーみたいな品格をもった、美しすぎる《土屋鞄製造所》のミニショルダーバッグ。【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】