こんなブルーのバンダナ柄スカーフを新緑の季節の毎日に

今シーズンのトレンドのひとつ、バンダナ柄のスカーフをまとめ髪のアクセントに。淡い色合いが後姿に上品に映えます。写真のブルーは参考カラー。ブラック、ホワイトのみ展開しています。

 

音楽を感じるフランスのファッションブランド

《Maison Kitsuné(メゾン キツネ)》は2002年にジルダ・ロアエック氏と黒木理也(まさや)氏がスタートさせたフランスのブランドです。スエットシャツがA.P.Cのショップで発売されると瞬く間に話題となり、2005年に初のコレクションを発表しました。ロアエック氏はダフト・パンクの元マネージャーでDJとフランスのハウスミュージックシーンではよく知られた存在、黒木氏は12歳で渡仏してから主に建築畑で活動し、その後日本とフランスで培った教養と建築の知識を基にファッションの分野で活躍とそれぞれにユニークな経歴を持ち、その経歴からブランドは音楽、ファッション、デザインなどジャンルを越え、2人の興味を発信し続けています。日本国内では2013年、東京に「Maison Kitsuné」と「Café Kitsuné」をオープンしています。

 

スカーフ ※ブルーは参考カラーのため参考商品、シャツ¥29700/Maison Kitsuné(メゾン キツネ カスタマーセンター)

【お問い合わせ先】
メゾン キツネ カスタマーセンター 0120-667-588

 

 

FUDGEガールのお洒落のお手本でもある、パリジェンヌたち。彼女たちが愛するフランスブランドから、ちょっぴりモダンな小物とアクセサリーをセレクトしてラインナップ。春の息吹を感じるこの時期、あなたのワードローブに新鮮な風を吹き込んで! 引き続き、おうちで過ごす時間がたっぷりあるこの春、すてきなインテリアグッズにもご注目を。

 

photograph_Kakuta Wataru
styling & direction_Nakako Nao
hair & make-up_Suzuki Karen
model_Olga
text_Koba.A
edit_Ogura Fumika, Oguchi Eiko

 

 

情報提供元:FUDGE
記事名:「最近、ボーダーシャツ×《メゾン キツネ》のバンダナ柄スカーフコーデが気に入っている。【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】