とあるテーマで今日citrusに入稿するためのコラムを書こうと、「不倫」というキーワードでネット検索をしてみたら……「不倫デートにオススメなお忍びスポット○選」だとか「不倫がバレない○つの気配り」だとか……と、ここ数年ちまたでは不倫がさんざん糾弾されまくっているにもかかわらず「不倫のためのマニュアル」のようなものが山ほどヒットしたので、驚いた。そして、これらすべてが客観的に見て(おそらく)“不倫する側”からすれば、とにかくよくできている──なかなかに秀逸なマニュアルが勢揃いだったりしたので、急遽テーマを「不倫」そのものに変更してみた次第である。

 

まず、「不倫にオススメなお忍びスポット」だと、

 

1.    温泉旅館
(一回一回のデート内容を濃いものにするため。あと、秘境的な温泉スポットほど人目につきにくい)

 

2.    シティホテルorラブホテル
(入ってしまえば二人だけの空間で、誰にも邪魔されない。ただし、入るときは別々に入る…などの配慮が必要)

 

3.    映画館or水族館
(万一、一緒に入るところを他人に目撃されても比較的言い訳ができる。しかも、中は暗いのでイチャイチャしやすいし、大多数の客は周囲のカップルのことなど見ていない)

 

4.    レンタカーでのドライブ
(いったんクルマに乗ってしまえば、中は密室。さらに、レンタカーだとアクセサリーや髪の毛をうっかり落としても大丈夫)

 

5.    女性側の自宅
(灯台下暗しの発想で。女性=妻のほうが男性=夫よりも家の中の変化に気づきやすい傾向があるため、一般的には女性側の自宅のほうがバレにくい?)

 

では、次に「不倫がバレないための気配り」とは……?

 

1.    職場や家の近くではデートしない
(もちろん、ご近所さんや会社の同僚に目撃されるのを避けるため)

 

2.    服装は普段どおりで
(派手な服装だけじゃなく、意識過剰な地味すぎる服装も逆に目立ってしまう。普段しないならサングラスも×。ただし、今のご時世ゆえのマスクは強い味方に)

 

3.    周囲に行く場所を言わない
(相手や場所をほのめかすだけでも×。徹底した秘密主義を貫くべし)

 

う〜ん……「リアル」っていうか「生々しい」っていうか……「よくできている」ぶん、そこまで妻や夫にウソをつきとおさなきゃいかんのか……的な罪悪感が、よりいっそう際立ってもくる。なんか世知辛い……。

 

ちなみに、『渡る世間は鬼ばかり』や『おしん』など、数々の名作を世に送り出し、つい先日急性リンパ腫のためお亡くなりになった脚本家の橋田壽賀子さん(享年95歳)は、生前にこんな名言をお残しになっていた。

 

「主人の遺言で『不倫と殺し(の話)は書くな、それで仕事ができなくなったらやめろ』と言われた。だったら、ホームドラマを書くしかない。遺言だからしょうがない」

 

不倫という“非日常”に惹かれていく男女を全否定する気はさらさらない。しかし、こうした“刺激”を追い求めるばかりではない、「普通」のディテールの豊かさと、万人が模索する「普通」の概念をとことんまで掘り下げる穏やかな日々も、それはそれでまた幸せな人生なのではなかろうか?

 

▶ 突然ヘソから生ゴミの臭いが!? 若手芸人を襲った恐ろしい症状とは
▶ 面接官に「子供が熱出したら?」と聞かれたら… 賢い返し方に賞賛の声
▶ 屋台を見つけ入ってみると、常連客にやたらと飲み食いを勧められ…その後の展開が読めなかった

情報提供元:citrus
記事名:「とあるコラムを書くために「不倫」というキーワードでネット検索したら…「バレないためのマニュアル」が山ほど出てきた件について