若者を中心に、動画を早送りして視聴するヒトが年々増えつつある──4月1日に放送された朝の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)で、そんな特集が組まれていた。

 
番組中で紹介された、リサーチ会社によるアンケート調査によると、「動画を倍速で観た経験があるか?」という質問に対し、「ある」と答えた20代男女は、じつに約半数の49.1%! そして「倍速で観たいと思う動画」の1位は「ドラマ」だったという。

 
私も動画を早送りで視聴することは、たまにある。録画しておいたニュースだとか、仕事上(ネタとして)観なければならないドラマだとかYouTube作品だとかが、おもなジャンルだったりする。とは言え、2倍速だとさすがに何をしゃべっているのかが理解できないケースも多いので、せいぜい早送りの速度は1.25〜1.5倍速くらい? 

 
ちなみに、私のライターデビューは「アダルトビデオレビューの執筆」である。媒体は『さくらんぼ通信』という月刊のAV専門誌。作品ごとに300ワード程度のあらすじや寸評を述べ、さらには「勃○度」をA〜Eの5段階評価に振り分ける……。

 
月に一度、二重にした紙袋のなかにごっそり入った30本ほどのアダルトビデオを手渡され、それらを中一日ですべて鑑賞し、原稿もアップしなければならない、なかなかにスパルタンな仕事であった。最初は「タダでAVが見放題なんて超ラッキー!」と軽い気持ちで引き受けたのだけれど、たった一本を観終わっただけで、たちまちその作業は“苦行”となり、次第に「性交の部分は早送りにして、ストーリーや女優インタビューの部分のみをノーマルな速度で鑑賞する」という、通常の男子とは逆の“使い方”をしていた。半年も経てば「左手でリモコンを操作しながら右手で原稿を書く」といった離れ技も習得できた。もう30年近く前の話なので、ある意味、私は「動画を倍速で鑑賞する若者たち」の先駆け的な存在だったのかもしれない(笑)。

 
同番組に出演していた玉川徹氏が、昨今では当たり前となりつつあるそうな「倍速鑑賞」について、こうコメントしていた。

 

 
「観ないね、倍速とかで。映画にかぎって言えば、ないです。だって作る側からすると倍速速度で伝わるんだったら倍速の速度で演技させているじゃないですか、監督は。作っている側はこれが一番伝わると思っているスピードでしゃべっているし、間をもうけている」

 
ごもっともな意見だとは思う。が、今の若者たちの周囲には我々世代が若かったころよりも、数倍数十倍もの情報が氾濫しているのもまた事実──そのような時代の流れに乗じて、今の若者たちの情報処理速度もおのずとチューンアップされ、早送りした動画を“常態”と見なせる能力をも身につけているのではなかろうか。切羽詰まった状況下においては、私が早送りしたアダルトビデオでもきちんと欲情できていたように……?

 
話は「動画」から少々それるが、たとえば我々世代が解読するのに一苦労なLINEやTwitterでの「句読点がなくて誤字脱字だらけの文章」も、今の若者たちのあいだでは難なくやりとりが行われている。これも情報処理速度の観点からすれば、一つの“進化”……なんですかね?

 

▶ 面接官に「子供が熱出したら?」と聞かれたら… 賢い返し方に賞賛の声
▶ 道端でメイクをしているところを先生に見つかった女子生徒 叱られると思ったら…その後のやり取りが意外だった
▶ 中学生コスプレイヤーがネット炎上 住所を晒され、自宅に誹謗中傷の手紙が届いた結果…

情報提供元:citrus
記事名:「昨今、増えているらしい動画の倍速視聴は「嘆かわしいこと」なのか、それとも「致し方ない時代の流れ」なのか?