男性脳と女性脳は物事を考える道筋などが異なるため、時折、男性からどう返せばいいのかわからない質問をされて困るのもしばしば。

とくに「これまで何人と付き合ってきたの?」や「元彼とはどうして別れたの?」など、デリカシーに欠ける質問をされると困ってしまいますよね。

 

……といった冒頭文からはじまって、「じゃあ、男性や彼氏から答えにくい質問をされたとき、女性はどう答えればいいのか?」の実例をいくつか提案する趣旨の記事を、「日常生活に役立つ情報が満載」だというネットメディア『ウレぴあ総研』が配信していた。とりあえず、その「ベスト解答」のいくつかを以下に紹介しておこう。

 

Q1.これまで何人と付き合ってきたの?

 

[ベスト解答]ご想像にお任せします。

(※具体的な回答はNG。男性は経験人数が多すぎると遊び人と見なすし、「彼氏ができたことがない」と言えば「面倒くさい」と敬遠するから…らしい)

 

Q2.元彼とはいつ別れたの?

 

[ベスト解答]うーん、半年くらい前かな?

(※「5年前」と言われたら、男性は「もしかして理想が高い? それとも元彼を引きずってる?」と勘ぐるし、「1週間前」と言われたら「もしかして尻の軽い遊び人?」と見なしてしまうから…らしい)

 

Q3.前の彼氏と別れた理由は?

 

[ベスト解答]うーん、(もう昔のことだから)忘れちゃった。

(※たとえば「元彼に浮気されて」みたいな内容だと「彼氏に大切にされなかった女性」と認識されてしまうから…らしい)

 

Q4.得意料理は?

 

[ベスト解答]とくにないけど、冷蔵庫の残りでいつも作っているかな…。

(※得意料理を聞いてくる男性は「女性が料理するのが当たり前」と考えているケースが多い。もし、とりたてて得意料理がないならば、上記の回答だとのちのち何とでも言い訳できるし、「ありあわせのモノで作れるなんてすごいなぁ」と勝手に感心してくれるから…らしい)

 

結局のところ、(Q2を除けば)すべて「曖昧」なリアクションにとどめておく──「なんとなくお茶を濁しておけばよろしい」ってことのようである。Q4の「ベスト解答」に関しては、曖昧さのなかにも「冷蔵庫」といった特定性もさりげなくフレイバーされ、なかなかの説得力を帯びている気もするが?

 

たしかに、過去の男性遍歴から、その女性の貞操観念的なものを勝手に分析するきらいが男性にはあるのかもしれない(っていうか、女性にもそういうところはあると思うのだが、まあそこらへんを深くほじくるのは今回はやめておこう)。ならば、出会ってからまだ間もない段階で無闇矢鱈にカードを切ってしまうのも戦術としてあまり賢くないって理屈はよくわかる。「ミステリアスな女性を演じる」ってヤツだ。まさに「ベスト」な模範解答だと言えよう。

 

しかし! 世代のせいなのか性別のせいなのか、ないしはライターという職業のせいなのか単なる個人的な性格の傾向なのかは不明だが、私はマニュアル(モノ)の記事企画には(とくに「恋愛」といった明確な正解がない題材にこそ)、むしろ逆に(多少強引なロジックでもかまわないので)具体的な数字や公式などを提示してもらいたい。

 

たとえば、2年ほど前に筧美和子が、なにかのトーク番組で「男性から経験人数を問われた際、何人と答えるのがベストか?」という問いに「3人。架空ですよ(笑)」と断言していたが、(根拠はなくとも)じつに納得のいく“教え”であった。こういうスパッとぶった斬ってくれる答えが欲しいのだ。今だと下手にこんな放言をしてしまえば、炎上しちゃうのかもしれないけど……?

 

▶ 「AKB48グループ卒業後の活躍がすごい歴代メンバーランキング」のトップ10を見て、あらためて痛感する「卒業後」の険しい道のり
▶ 面接官に「子供が熱出したら?」と聞かれたら… 賢い返し方に賞賛の声
▶ 中学生コスプレイヤーがネット炎上 住所を晒され、自宅に誹謗中傷の手紙が届いた結果…

情報提供元:citrus
記事名:「男性から際どい質問を受けたときに返す、女性の模範解答のキーワード「曖昧」「お茶を濁す」は正しい?