昨今、芸能人・グルメ・ファッション・恋愛……ほか、あらゆるジャンルの「ランキング記事」がネット上で、やたら目につく。しかも、あまりに乱発しすぎちゃっているせいか、その“お題”は「イケメンだと思う俳優は?」だとか「好きなラーメンは?」だとか……の“いかにも”な定番の類(たぐい)では、もはや見向きもされず、たとえば「じつは大卒だと知って驚いた芸能人ランキング」みたいに、極めて限定的で(※「じつは明治大学出身」と知って驚いた有名人ランキング)なんてえのもあった)、かつマニアック化している傾向があるようだ。

 
そんななか、「今気になる・人に話したくなる旬のネタをお届けするネットニュースのサイト」をキャッチコピーとする『ねとらぼ』が、

 
「一緒にカラオケに行きたいSMAPメンバーランキング」

 
……なるタイトルの記事を配信していた。期間は2021年2月7日〜2月20日のおよそ2週間で有効回答数は5126票と、なかなかにしっかりと調査している。が、「なんで今さらSMAP?」「なんであえてのカラオケ?」「せめてV6なりキンプリなりのほうが『ねとらぼ』サンがおっしゃるところの『旬』なのでは?」「別に『一緒にカラオケに行きたい』じゃなくて『デートしたい』でも…いや、もっと無駄な装飾を削ぎ落として『好きなSMAPメンバーは?』でもかまわないのでは?」……と、続々ツッコミが脳裏をよぎってやまない、「SMAP」と「カラオケ」という2つの「?」要素が並列することによって妙なケミストリーを引き起こし不思議な響きをかもし出す、じつに味わい深いクエスチョンとなっている。とりあえずは、その結果を見てみよう。

 
1位:中居正広(理由:ビジネス音痴とも噂されている彼の本気の歌声をそばで聴きたい…など)

 
2位:草彅剛(理由:耳になじむ穏やかな声が魅力…など)

 
3位:木村拓哉(理由:シングル曲のソロパートを歌うことも多いから…など)

 
4位:香取慎吾

5位:稲垣吾郎

6位:森且行(も対象内に)

 
私は「素人でしかない自分の歌を他人様に聴いていただくのはしのびない」ため、とくに面識の薄い人たちとカラオケをご一緒するのが大の苦手だったりする。だから、面識が皆無なこの6人の誰ともカラオケには一緒に行きたくないのだけれど、なるほど、1位〜3位の「理由」をザッとながめるかぎり、「あえてのカラオケ」にはそれなりの意義があったような気もしなくはなくなってきた。仮に、これが先述したとおり「カラオケ」ではなく「デート」だったら、順位も多少の入れ替わりが発生するのかもしれない。

 
万が一、絶対にこの6人の誰かとカラオケに行かなきゃならないのならば……私だったら草彅クン……かな? だって、私のつたない熱唱もニコニコしながら(=ちゃんと観客の一人として存在感を消してくれながら)聴いてくれそうだし、お酒が入って場が盛り上がったらより気さくになって脱いだりも(笑)してくれそうだし……? キムタクは一度歌ったらマイクを離してくれなさなそうなイメージで、なんかやだ。もちろん、実際のところはどれも定かではないのだが?

 

▶ 面接官に「子供が熱出したら?」と聞かれたら… 賢い返し方に賞賛の声
▶ 犬はどんな小さな音も無視することはできない 一方、猫の場合は…驚くべき "無視力" がスゴ過ぎる!
▶ 「50代社員がExcelで作った"折れ線グラフ"がね…」と話しかけてくる同期 まさかの出来事に震えが止まらない

情報提供元:citrus
記事名:「ここまできたか!? ランキング記事のマニアック化!「一緒に○○○○に行きたいSMAPメンバーは?」