1983年の連載開始以降、バトル漫画の金字塔として日本中で大ブームを巻き起こした『北斗の拳』。荒廃した世界を生き抜くケンシロウの旅路を追いかける本作で、バットはケンシロウの良き友として活躍してきた。今回は、そんなバットの名言をピックアップ。

 

 

■「これから生き延びていくには水と食料だ! 力のある奴が これを奪い そして生きていく 暴力が支配するんだ」

 

育った村を飛び出し、コソ泥的に日々を生き抜いていたバット。そんな彼はある時、とある村で盗みを働き、盗人として独房に入れられていた。そこに村の前で行き倒れ、水を飲もうとしていたところを泥棒扱いされて独房に入れられたケンシロウと、運命の出会いを果たす。

 

そんな独房の監視をしていたのは、口のきけない少女・リン。ケンシロウは、のちにバットと同じく旅を共にすることになる彼女から水をもらおうとするのだが、彼女の腰についた牢の鍵を狙って、バットが飛びかかる。しかし、彼はケンシロウに秘孔を突かれて、手がしびれてしまう。

 

文句を言うバットにケンシロウは「おまえが逃げたら牢番のあの子はどうなる…」と諌めるのだが、そんなケンシロウに優しさにバットは上記のセリフを吐き捨てる。この荒廃した作品世界のルールを読者に示した名言と言えるだろう。

 

 

■「おれたちはいずれ死ぬ だったら 自分の好きなやつのために世の中をかえてやる」

 

ラオウを打ち倒し、余命いくばくもないユリアと過ごすためにケンシロウはバットたちと別れ、瞬く間に数年の月日が経った。だが拳王軍なき荒野には、新たな支配勢力である天帝軍が台頭。たくましい青年に成長したバットは、同じく美しい女性に成長したリンとともに天帝軍の圧政に立ち向かう抵抗組織を作っており、ある日ついにケンシロウと再会を果たす。

 

そんな折り、天帝軍に雇われた賞金稼ぎのアインは、ケンシロウを狙い勝負を挑むも敗北。幼き娘への想いからケンシロウに見逃されたアインは、バットたちと行動をともにするようになった。

 

だがアインは、バットたちの抵抗運動に限界を感じており、あるときふと“こんな活動キリがない”と漏らす。だが、バットは上記のセリフを凛として吐き、アインの心を揺り動かす。まさに、愛と義の男・ケンシロウと旅を続けてきたからこその名言と言えるだろう。

 

■「こ……これはそのケンのために……そ……そして……このオレに愛という光を教えてくれたリンのために!!」

 

その後、天帝軍や数多くの強敵を打ち倒したケンシロウ。そんなケンシロウにリンと一緒に再び付き添っていたバットだが、やがてリンと結婚式をあげることになる。だがこれは、リンがラオウの兄・カイオウに、見た者を愛してしまう秘孔を突かれたためだった。そのことを振り払えないバットは、秘孔を突いてリンの記憶を消し、彼女の前から姿を消してしまう。

 

そして、とある理由からケンシロウも記憶を失っていることを知ったバットは、リンを彼女の昔からの想い人であるケンシロウと結ばせようと決意。だが、時を同じくしてバットは、ケンシロウに復讐を誓う盲目の悪漢・ボルゲがケンシロウに近づいていることも知ってしまう。

 

今のケンシロウでは勝てないかもしれない……そう思ったバットは、自らの胸にケンシロウと同じ傷をつけ、このセリフを吐く。自分がボルゲに勝てればよし、負けて死んでもケンシロウに危害は及ばない。自分が生き残ることが全てだった幼少期から、愛する者のための自己犠牲を学んだバットの、たくましい成長を感じる感動の名セリフだ。
 

▶ 【ガンダム】グフだけじゃない…ヅダも知ってなきゃ語れない! 青いモビルスーツ5選
▶ 【恐怖】毎日池の周りをウォーキングしていた親子 ある日「謎の白い物体」を見つけ…その恐ろしすぎる正体にゾッとする
▶ 「0時を回ったら戸を開けてはいけないよ」大家さんの忠告を無視していた男性…恐ろしすぎる結末に鳥肌

情報提供元:citrus
記事名:「【北斗の拳】顔変わりすぎ(成長しすぎ)で有名なケンシロウの弟的存在…バットの名言