マイクロニードル技術を採用
コスメディ製薬は、マイクロニードル技術の次世代型フェイスマスク「マスクフォンデュ」を開発し、2021年5月25日より発売している。ぬれた顔に貼り付けると発熱し、美容成分が溶けながら肌に浸透していくというものだ。

使い方は、ぬれた肌に密着させてそのまま5~20分おいてから、ぬるま湯を足していくことでシートが溶けていく。マッサージしながら溶かすことでシートに含まれる美容成分が肌に浸透していくというものだ。

「マスクフォンデュ」は美容液から水分を取り除いてジェルシート化を実現。シートに含まれているのは約90%が美容成分となっている。

シートが水分に触れるとグリセリンが反応し発熱する仕組みになっている。お風呂などで使用すると温感スチームのような効果を発揮し、毛穴が開いた状態で美容成分が肌にグングン浸透する。

たるみやくすみにアプローチ!
グリコール酸と乳酸の独自配合により、肌に負担をかけずに不要な角質をやさしく除去。マッサージでやさしくなじませることでピーリング効果も期待できる。

「マスクフォンデュ」は、乾燥や加齢などからくるたるみやくすみなどの肌悩みにアプローチし、クリアで透明感のある肌に仕上げてくれる。エステ並みのケアが自宅で簡単にできる。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※コスメディ製薬株式会社の公式ホームページ
https://cosmed-pharm.co.jp/

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「新感覚!溶ける美容マスク「マスクフォンデュ」新発売