アルティミューンより高機能なハンドクリーム誕生
2020年12月1日(火)、株式会社資生堂は、同社が展開する化粧品ブランド『SHISEIDO』のスキンケアシリーズ「アルティミューン」より、乾燥から肌を守る高機能のクリーム「パワライジング ハンドクリーム」を発売する。

最近、感染防止対策によって、毎日こまめな手洗いやアルコール消毒を繰り返しによってや、冬の乾燥によって荒れた手をケアしたいというニーズが高まっている。

そこで同シリーズは、手肌を保湿しながら、花粉やほこりなどの付着を防ぐ高機能なハンドクリームを開発した。

美容液と同じイミューンジェネレーションテクノロジー搭載
同製品は、同シリーズの人気美容液に搭載された「イミューンジェネレーションテクノロジー」を搭載している。これにより、乾燥などの外的ダメージから手肌を守ると同時になめらかな美しい肌に導いてくれる。

また、新技術である「マルチディフェンスシールド」が搭載されていることで、肌表面を油分で覆って、肌の水分を長時間保湿し、空気中の微粒子が付着しないように守ってくれる。

手肌を保湿すると、グリーンフローラルが香り、爽やかな心地よい気持ちにしてくれる。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社資生堂のニュースリリース
https://corp.shiseido.com/jp/newsimg/3016_u6l07_jp.pdf

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「高密着オイルが外的ダメージから肌を守りながら手肌を保湿