伝統の職人技で作られたブラシ
2020年11月20日、株式会社ラドンナは、最高級洗顔ブラシ「熊野筆 フェイスウォッシュブラシ」を発売する。価格は、税抜き3,000円となっている。

同製品は、熊野筆の職人が一つ一つ手作りで作り上げたハート型のブラシで、ピンクとベージュの2色が展開される。華やかな花柄のパッケージに入っているため、プレゼントとしてもおすすめだ。

熊野筆は、広島県安芸郡熊野町の伝統工芸品として知られている。現在は、書筆だけでなく化粧筆も展開されており、伝統の職人技で仕上げられた最高級ブラシは、肌への刺激や負担が少なく、肌にとても優しい。

柔らかな感触とクリーミーな泡が癒やしを与える
同製品は、熊野筆の職人が厳選した良質な山羊毛を使用。極細毛がきめが細かくクリーミーな泡を作り出すだけでなく、極上の肌触りを実現している。この柔らかな感触が、心地よい気持ちにさせてくれるだろう。

また、おでこや鼻など毛穴汚れが気になる部分を滑らせることで、毛穴の奥の汚れまですっきりと除いてくれる。そのため、ワントーンアップした明るく透明感のある肌を実現する。

そして、同製品には、衛生面を考慮したフックにかけることができるリボンがついている。そのため、つるして乾燥・保管できるようになっている。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社ラドンナのニュースリリース
https://ladonna-co.net/


情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「熊野筆の職人が手作りしたハート型の洗顔ブラシ!極上の肌触り