「リフトアップ見え」を叶える眉メイクのポイントとは
2020年11月8日、美眉アドバイザーの玉村麻衣子氏は、SNSを通じてリフトアップ見える眉メイクの描き方を公開。ポイント2つにしぼって、具体的な方法を紹介している。

1つ目のポイントは眉の角度。約10度上昇させて描くことで、目尻や頬が引き上がって見える効果があるという。10度以上になるとキツイ表情に見えることがあるので注意が必要だ。

2つ目のポイントは眉尻の仕上げ方。眉尻は細くなるように仕上げることで、目元がスッキリし、目元が引き上がって見えるとしている。インスタグラムのフォロワーからは「勉強になります」などのコメントが寄せられている。

2児の母でもある玉村麻衣子氏
玉村麻衣子氏はアイブロウの技術者資格『Browtist(ブロウティストR)』保有し、美眉アドバイザーとして活躍。「眉は表情を生み出し、印象を変える大切なパーツ」を理念とし、筋肉や骨格に基づいたアイブロウデザインを提案している。

オフィシャルブログのフォロワー数は30,000人以上。インスタグラムのフォロワー数は77,000人を超えている。著書には『目元で、美人の9割が決まる』『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』がある。

(画像は美眉アドバイザー 玉村麻衣子 オフィシャルブログより)


【参考】
※美眉アドバイザー 玉村麻衣子 オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/maiko-tamamura/entry-12636670625.html

※美眉アドバイザー 玉村麻衣子 オフィシャルインスタグラム
https://www.instagram.com/p/CHU8olir0uR/

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「眉メイクを変えるだけで、顔のたるみが解消!