ざらつく肌の角質ケア
毎日のバスタイムで気軽に角質ケアができる「ボタニカルボディーソープクリアクレンズ」が、株式会社I-neのボタニカルライフスタイルブランド「BOTANIST(ボタニスト)」から新しく発売される。

体の肌悩みの中で聞かれる、肌のざらつきに特化した商品で、肌のキメを整えるザクロ果実エキス、モモ果実エキス、リンゴ果実エキスなど6種類のフルーツエキスを配合。成分が優しく角質ケアを行い、くすみを取り除く。

保湿成分としてローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、モモ葉エキス、水分を保持し肌を柔らかくするエモリエント成分としてシア脂、カカオ脂、ヤシ油などを使用している。

肌にも、環境にも優しいソープ
お風呂でボディーソープとして使用するだけで角質をケアし、透明感のある肌に導く。香りはザクロとローズマリーを合わせ上品に仕上げている。

食用に適さない果実を含めて使用し、エキスを絞った残りカスは堆肥として活用するなど、廃棄物減量にも配慮した商品だ。

同商品の発売は、2021年2月22日(月)より直営店、公式オンラインストア、全国ドラッグストアやバラエティショップなどで展開する予定だ。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社I-neのプレスリリース
https://i-ne.co.jp/news/56543/

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「毎日使うたびに、ざらつく全身の肌を徹底ケアするボディーソープ誕生!