パナソニックより新作IoT対応冷蔵庫「7WPXタイプ」が2月25日に登場。ラインナップはF657WPX(650L)とF607WPX(600L)の2種類で、色は光沢タイプのオニキスミラーとマッドタイプのミスティスチールグレーの2色で展開。効率良く省エネを可能にした「AIエコナビ」や重量から食材の残量を確認できるストックマネージャーを搭載した業界初の最先端冷蔵庫だ。

NR-F657WPX-X(左) / NR-F607WPX-H(右)

従来の生活リズムを分析・学習し、賢く自動で運転モードを切り替える機能に加えて、今回の注目ポイントはスマホのGPSと連携することで、効率良く省エネを可能にした業界初の「AIエコナビ」。自宅から離れると、自動で節電モードに移行する「お留守番モード」と、登録した「買い物先」に滞在していると「お買い物準備モード」をアプリから提案、アプリで開始設定してくれる「お買い物準備モード」を搭載。帰宅前に予冷運転を開始し庫内に食材を入れた時の温度上昇を抑えることことができる。この2つの機能により、本体センサーのみによる制御よりもさらに省エネを可能にした。

また今回は別売りの便利アイテムが2点登場。1つ目は、業界初となる重量から食材の残量を確認できる「ストックマネージャー」。買い物の際に、冷蔵庫に保存されているモノを把握しきれておらず、困った経験があるのではないだろうか。「ストックマネージャー」はそんなお悩みを一掃できる優れもの。別売りの「重量検知プレート」とアプリ「KitchenPocket」を連携させるだけでOK。確認したい商品の満タン時の重さを事前に登録しておけば、外出先から残量を確認できるので買い忘れやダブり買いを防げる。併せて利用期限を設定しておけば食品ロスも回避可能。ヨーグルトや牛乳など「個数」で確認できないものは「%」で管理できるので安心だ。これで「あと卵何個あったっけ?」と悩まずに済むだろう。

2つ目はあら熱取りや冷やしながらの料理に便利な「うま冷えプレート」。使い方は簡単で冷凍庫で冷やして、その上に置くだけ。冷凍庫で冷やす際も、平な板形状なので場所も取らない。赤ちゃんの離乳食を素早く冷やしたい時やご飯を冷凍する前のあら熱取りなど用途に応じて使用。約15倍のスピードで冷却できるので時短にもなる。逆にお刺身など冷たさをキープしたい時にも「うま冷えプレート」の上に置くだけで約3倍保冷効果を得られる便利アイテムだ。

もちろん従来の冷蔵機能もアップデートされている。人気の「微凍結パーシャル」は保存期間がさらに長くなり、食材別に約7日から約14日まで新鮮保存を実現。そのほかにも「はやうま冷凍」や「はやうま冷却」、「Wシャキシャキ野菜室」も健在でまとめ買いニーズに応える。「ナノイーX」も搭載しており、全室を脱臭&除菌し清潔に保ってくれるのはとてもうれしい。充実した機能に便利アイテムやツールも加わり、最先端冷蔵庫に仕上がっている。

自宅での食事が多くなり、まとめ買いも増えるいま、最先端冷蔵庫へアップデートを検討してみてはいかがだろうか。

〈パナソニック WPXタイプ〉
https://panasonic.jp/reizo/products.html#wpx

情報提供元:舌肥
記事名:「アプリ1つで省エネに在庫管理もできる冷蔵庫が登場!パナソニックIoT対応冷蔵庫「7WPXタイプ」新発売