12月18日(金)より全国公開を予定している映画『私をくいとめて』の追加キャストとして橋本愛の出演が決定、主役を演じるのんとは7年振りの共演となる。また、再共演ふたりの<メイキング写真>も到着した。

本作は、脳内に相談役「A」を持つ、31歳おひとりさま・みつ子(のん)は、悠々自適におひとりさまライフを満喫していたが、年下営業マン・多田くん(林遣都)と出会い、久しぶりに訪れた恋に戸惑いながらも一歩踏み出していくさまが描かれる。

橋本は2013年に放送されたNHK連続テレビ小説以来7年振りとなるのんとの共演に、「今回、役としてお互いが目を合わせたときの、電気が走るような、心が通じる感覚。鮮烈でした。声を発して会話しづらい中、心の会話の気持ちよさを強く感じました。超超楽しかったです。」と撮影を振り返った。

対するのんは、かなり久しぶりに共演させていただいたので、とてつもなく照れました。」と言いつつも、でも、愛ちゃんの方から本読みをしたいと声をかけてくれて、みつ子と皐月のやりとりで心を通わせることができたように思います。そして何と言っても再び親友役。これ以上ない相手でした。楽しかった!と再共演の喜びを語ってくれている。

合わせて予告編も解禁となっているので、是非チェックしてみよう!

 

『私をくいとめて』

■原作:綿矢りさ「私をくいとめて」(朝日文庫/朝日新聞出版刊)
■監督・脚本:大九明子
■出演:のん 林遣都 臼田あさ美 若林拓也 前野朋哉 山田真歩 片桐はいり/橋本愛

©2020「私をくいとめて」製作委員会

The post のん&橋本愛、映画『私をくいとめて』で7年ぶりの共演!まさかの親友役の再来に「心が通じる感覚。鮮烈でした。」 first appeared on YESNEWS | 超肯定的ニュースサイト.

情報提供元:YESNEWS
記事名:「のん&橋本愛、映画『私をくいとめて』で7年ぶりの共演!まさかの親友役の再来に「心が通じる感覚。鮮烈でした。」