Googleは、YouTubeで高い効果を獲得した動画広告を表彰する『YouTube Works Awards 2021』を日本で初めて開催した。

本アワードは世界各国で開催しており、広告界・ YouTube を代表するクリエイターが審査を行う。

日本では、4 月に審査員長に澤本嘉光氏、YouTubeクリエイターのHIKAKINをはじめ、各部門の代表審査員 7 名を含む、合計 19 名の審査員によってオンライン審査会を実施した。

そして今回、27日(木)にファイナリスト40作品の中から全7部門「Creative Effectiveness部門」「Media Orchestration部門」「Performance for Action部門」「Small Budget, Big Results部門」「Force for Good部門」「Breakthrough Advertiser部門」「YouTube Creator / Partner Collaboration部門」の部門賞と、グランプリ賞となる「Grand Prix」が発表となった。

それぞれの受賞は以下となっている。


Grand Prix、Force for Good部門:株式会社ナイキジャパン「Nike Japan – 動かしつづける。自分を。未来を。The Future Isn’t Waiting」

Creative Effectiveness部門:大塚製薬株式会社「2020年、夏、部活。」

Media Orchestration部門:トヨタ自動車株式会社「トヨタイムズ」

Performance for Action部門:株式会社ゲームオン「この世界は、青春みたいだ。」

Small Budget, Big Results部門:株式会社池田模範堂「股間戦士エムズーン「アニメ動画×声優・Vtuber コラボによるブランド価値の最大化」」

YouTube Creator / Partner Collaboration部門:株式会社モビリティランド「森の中のモビリティテーマパーク ツインリンクもてぎ」

Breakthrough Advertiser部門:カネテツデリカフーズ株式会社「カネテツ」


YouTubeが生み出した数々のコンテンツとその影響力は計り知れない。

これからも多くの笑いや感動、そしてドラマが生まれてくるに違いないだろう。

是非それぞれの作品をチェックしてみよう!

The post 日本初開催の『YouTube Works Awards 2021』!ファイナリスト40作品の中から7部門&グランプリが発表 first appeared on YESNEWS | 超肯定的ニュースサイト.

情報提供元:YESNEWS
記事名:「日本初開催の『YouTube Works Awards 2021』!ファイナリスト40作品の中から7部門&グランプリが発表