テンカイズα

この番組は、TBSラジオで放送中「テンカイズ」の番組内だけでは紹介しきれない、アツイ方々をYouTube限定で紹介していく番組です。

様々な業界で活躍する人に迫ります。

今回のゲストはプロモーションカンパニーとして1500名ものクライアントを抱えるFRich Quest株式会社の社長、森野広太さん。

展開当初はひとりひとりと10時間以上にも及ぶ話し合いをして親密な関係で仕事を進めていくというスタイルをとっていたFRich Questの、今後のテンカイとは?

以下、FRich Quest株式会社 森野社長 敬称略

森野:カスタマーサクセス部という部署があるんですが、その部署では担当者がクライアントさんと深く話をしていきながらコンサルをさせていただいております。現在クライアント数が多くなっているとは言え、一人一人のクライアントさんと僕らの担当は強い絆を持ってやっていけているのではないかと思います。

宇賀:では、お付き合いは長くなるんですか?

森野:はい。僕らは「一生コンサル」と呼んでいて、一生関わっていくつもりでお付き合いさせていただいてます。

【会社成長への社内教育】

宇賀:途中でやめます、というような離れていくお客さんもいるんですか?

森野:はい、いらっしゃいますね。会社が小さかった時の感覚と、大きくなってからの感覚がクライアントさんにとっては感覚が違ってくるので、昔のクライアントさんとは解約ということもあったりしました。

宇賀:でも、少ないんですよね?

森野:そうですね。100人に1人、2人くらいで。あまりいらっしゃらないです。

宇賀:やはり会社の中に優秀な方がたくさんいらっしゃるんですか?

森野:既存のメンバーはとても優秀だな、と思いながらも、新しい才能を持つメンバーも増えて来ていますので、優秀に育てていく為の教育を急いで行っております。

基本的にはお客様に対して会社の成約がある、ないに関わらず、嫌な気分で帰さない、来て良かったなと思って帰っていただくということを大事にしています。

【社員の仕事に対する意識変化】

宇賀:若い方を育成していくと具体的にどう言った変化が見られますか?

森野:今の若い方はどちらかと言うとワークライフバランスというか、大事なのはお金よりも自由な時間だったり、プライベートだったりとかって言われていますよね。大体はそうなんですが、FRich Questに入ってみんながどう変化するかと言うと、みんな仕事を好きになってくれるんですよね。特にFRich Questは男性社員が多くて仕事好きが集まるような会社になっていますので、そういった熱に女性社員もあたためられて、そのようなマインドに変わって来たりするのを見るとすごく嬉しく思います。

宇賀:強制的にという訳でなく、本人が自発的に仕事のことを考えてくれるなんて最高なパターンですよね。

森野:そうですね。みんな入社してから仕事好きに変わって行ったりとか、自分の可能性を見出していきたいと考えていったりとか成長してくれていますね。あとは弊社のカラーが元々好きだったというような方はその色がもっと濃くなったりなどの変化はあります。

宇賀:会社が成長して来てるというのを実感されているんですね。

森野:会社は本当に成長してきていると思いますね。

【森野広太×テンカイズ】

宇賀:では最後に、森野さんの今後のテンカイを教えてください。

森野:グループ会社というか、ホールディングス化を今進めています。FRich Questが一会社として、違う色んな事業の会社をどんどんグループ企業として広げていくというテンカイが僕の中でイメージとしてあります。

FRich Quest

TOP

平成28年創業のコンサルティング会社。

関わる全ての人に自由さと豊かさをサポートする「一生コンサル」を志しに、理想像を共に創り上げる。

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「TBSラジオ「テンカイズα」にて紹介FRich Quest株式会社 森野社長の今後のテンカイとは?