アイドルグループ「ジャニーズWEST」のメンバーが、4月27日発売の雑誌「週刊朝日」GW合併号の表紙に登場します!

ジャニーズWESTは2014年より活動を開始。メンバーは中間淳太さん、桐山照史さん、重岡大毅さん、小瀧望さん、濵田崇裕さん、神山智洋さん、藤井流星さんの7人組グループです。

16枚目のシングル「サムシング・ニュー」を5月5日にリリースするジャニーズWEST。誌面のインタビューでは、そのニューシングルについてや、メンバーそれぞれが歌うこと、それぞれの得意分野を生かした仕事についてなどを語っています。

藤井さんは、「ロック調の曲にハマってて大好きです」と、あいみょんさん作詞作曲の「サムシング・ニュー」についてコメント。また、濱田さんは「最近は、音楽性に関しての意識が高くなってきたのも強みやと思います。シングル曲で、ダンスなしで歌だけで勝負できるようになったのも強みだと思います」と、グループの変化についても語っています。

その他の特集は、ワクチン接種への考え方やコロナ禍への国の対応、志村けんさんの死を受けて生じた考え方の変化などを語った北野武さん独占インタビュー、世界の製薬大手のワクチン開発競争の特集、昨年亡くなった作曲家・筒美京平さんの特集などとなっています。

ジャニーズWESTが表紙を飾る「週刊朝日」は4月27日発売です。

週刊朝日 2021年4/30号 (発売日2021年04月20日) 朝日新聞出版
Fujisan.co.jpより

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「ジャニーズWESTが雑誌「週刊朝日」の表紙に登場!ニューシングルに対するメンバーの想いとは?