新型コロナウイルスが日本で蔓延し始めてから一年以上の月日が経過しました。ワクチンの接種は始まっているものの、現在も大阪、東京を中心に感染者の増加が止まらない状況です。そんな時代の中、我々にできることは何があるのでしょうか。

4/15(木)発売の雑誌「Pen」では、「コロナの時代に、デザインができること。」と題し、コロナに向き合うアイデアや取り組みを紹介した特集を掲載。中国のデザインによるチャリティ活動、英国のコロナ禍を写真で捉える企画、わかりやすく美しいインフォグラフィックスを活用した大手報道機関のビジュアルなど、世界中のクリエイターたちが提案する新しいライフスタイルを分野ごとに取り上げています。

コロナの時代に、デザインができること。

・多くの人のため、進化する東京都の対策サイト

・メルケル首相のスピーチ 災禍の真っただ中、人に届いた本当の言葉とは?

・オードリー・タン「インクルーシブ」の考え方で、全ての人を守る。

・公共の場で感染症を防ぐ、3つのソリューション

・危機を乗り越える、新時代のデザインアイデア

・いまだから知りたい、専門家の知見と予測。

・大気中の温室効果ガスは、コロナによって減少したのか?

・変化の時代に寄り添う、住宅やプロダクトとは。

・これからのデザインを、3人のクリエイターと考える。

・パンデミック下で心に響いた、広告とデザイン

・16人が親身に答える、コロナの時代にお悩み相談室。

また、第2特集「北京で開幕、坂本龍一展を観る。」では、どこよりも早く3月19日に開幕した北京での坂本龍一展をレポートしています。

雑誌「Pen」は4/15(木)発売です。

Pen(ペン) 2021/5/15号 (発売日2021年04月15日) CCCメディアハウス
Fujisan.co.jpより

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「雑誌「Pen」最新号は「コロナの時代に、デザインができること。」を特集。コロナ禍におけるアイデアや取り組みを紹介