新型コロナウイルスが流行している今年の冬。感染リスクを下げるために手洗い・マスク・ソーシャルデイスタンスはもちろん、健康的な生活を送るためにも免疫力を意識したいところです。そこで今回は、スーパーやドラッグストア、コンビニなど、ごく身近で手に入る免疫にアプローチしたアイテムをご紹介します!

その前に…そもそも免疫って何ですか?

まずは免疫について簡単に説明します。免疫とは、体内に侵入したウイルスや細菌などの異物を攻撃したり、体内で発生した老廃物や腫瘍、毒素などを消したり、傷ついた細胞組織を修復したりする働きのことです。

免疫には生まれつき備わっている自然免疫と、異物が身体に侵入した際に攻撃方法を記憶し、抗体をつくり防御に備える獲得免疫とあります。主にウイルスや細菌といった外部から侵入した異物に働く自然免疫細胞としてマクロファージ、樹状細胞、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)が、また、獲得免疫細胞としてB細胞、形質細胞、ヘルパーT細胞、キラーT細胞などがいます。

自然免疫細胞

マクロファージ…体内に侵入した異物を食べ、抗原(免疫応答を引き起こす物質)の情報をヘルパーT細胞に伝える。

樹状細胞…侵入した異物の情報をT細胞に伝える。

NK細胞(ナチュラルキラー細胞)…細胞に中のウイルスを攻撃して処理する。

獲得免疫細胞

B細胞…侵入した異物が危険かどうかを判断し抗体をつくる。

形質細胞…B細胞が成長した姿。抗体をつくり抗原を攻撃して自然免疫を助ける。

ヘルパーT細胞…免疫細胞の指令役。感染した細胞を一早く発見し侵入した異物が危険か否か判断する。

キラーT細胞…ヘルパーT細胞からの指令によって感染した細胞を破壊する。

粘膜免疫と抗体

さらに、ウイルスや細菌が体内に侵入してくる経路…口腔内・鼻腔・気管支・眼・腸管・生殖器などの身体と外環境とに繋がっている“粘膜部位”には、常に感染のリスクにさらされているため特別な粘膜免疫が備わっています。なかでも、ウイルスなどの抗原に結合し体内から除去するIgA抗体 (免疫ブログリンA)などは、近年その機能が注目されています。

このように、自然免疫細胞と獲得免疫細胞それぞれに役割があり、まずは自然免疫細胞が攻撃、その間に獲得免疫細胞は自然免疫細胞から情報を得て侵入した異物を攻撃するなど、タッグを組んだ免疫細胞同士がチームプレイで異物を排除していきます。つまり、免疫にアプローチした商品や食材、レシピは数多ありますが、どの免疫細胞にアプローチするかで目的や期待できる機能が変わるわけです。そこで編集部では、それぞれ異なる段階の免疫細胞に独自の方法でアプローチした3商品をピックアップしました。

■唾液の力で免疫アップ!口腔内細菌を減らす飴 

出典)https://www.uha-shop.jp/shitaclear/

UHA味覚糖「UHAシタクリア キャンディ」

唾液には様々な免疫物質が含まれており、これらがウイルスや細菌に結合し体内から除去します。最近の研究で、キャンディをなめることで唾液腺が刺激され、唾液中に含まれる免疫成分のひとつ「IgA」が増えることがわかってきました。

なかでも、この唾液力をアップさせると期待されているのが、アロマ成分複合体DOMAC(ドゥーマック)です。「UHAシタクリア キャンディ」はそのDOMACを配合。ノンシュガータイプのキャンディで口腔ケアの新しい選択肢として注目されています。

また、DOMAC配合のタブレットを7日間摂取し続けた実験では、プラセボを摂取し続けた群と比べ舌の上の汚れである「舌苔」を減らし、舌表面の微生物を減らす効果が認められたそうです。舌の上の汚れは細菌の塊。舌の上が汚れていると、唾液の免疫機能も効果が下がってしまうといわれており、唾液力と舌ケアは口腔ケアの最前線です。

自然免疫力を活性化!2種類の有用菌でW効果を期待

出典)http://www.takanofoods.co.jp/products/detail.php?id=114

タカノフーズ「すごい納豆 S-903

ウイルス感染の初期防御に重要なNK細胞の活性化に関与するタンパク質の一種「IL-12」が多く含まれており、風邪やインフルエンザ、花粉症などのアレルギー抑制が期待されています。

また、「S-903納豆菌」を経口投与したマウスと生理食塩水のみを投与したマウスによる比較実験では、納豆菌を投与されたマウスは重度の歯周病に影響を与えるといわれるジンジバリス菌とプレボテラ菌が減少、口腔内環境の改善が示唆されています。(2018年時点)

発売当時、付属の特性ダレに「シールド乳酸菌®」を100億個配合したことも話題を集め、売れ行きは計画の約2倍で推移。「S-903納豆菌」発見から「すごい納豆 S-903」発売までに実に約15年という歳月を要しており、研究員や開発者の努力と執念が実った大ヒット商品に成長しました。

■小腸の免疫組織にアプローチするプラズマ乳酸菌

出典)https://www.imuse-p.jp/

KIRINiMUSE

「iMUSE(イミューズ)」は、キリンが35年の免疫研究を通じて発見した「プラズマ乳酸菌」を配合。私たちが身体の中にもつ様々な免疫機能の司令塔(pDC)に働きかけることが期待されています。昨夏には、日本初となる免疫機能を訴求する機能性表示食品として届出もされました。

乾燥も気になるこの時期にうれしい飲みやすいドリンクタイプや、習慣的にとれるサプリメントなどiMUSEブランドすべてに「健康な人の免疫機能の維持をサポート」に関する「機能性表示食品」が表示されています。

いかがでしたか。一言に免疫といっても様々な働きがあり、それぞれに関係しあい私達の身体を守ってくれています。毎日を健康的に過ごすためにも、プラスαとしてこれら免疫にアプローチしたアイテムを探して、取り入れてみてはいかがでしょう。

免疫力アップおかずBEST100
Fujisan.co.jpより

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「免疫アイテム最前線!この冬、ぜひ取り入れたい…知る人ぞ知る、注目食品3選!