吉祥寺駅周辺の飲食店を中心に開催されているカレーの祭典「吉祥寺カレーフェスティバル2020」。2回目となる今年は、11月13日(金)から11月23日(月祝)までの 11日間、吉祥寺の33店舗が参加し、バラエティに富んだオリジナルカレーが楽しめる。

「吉祥寺が醸し出すエスニックさ」がテーマとなる祭典、どんなカレーが味わえるか実際に行ってみた。

クセになる味わい!「ととまろの本格手造りグリーンカレー」

先ず訪れたのが、吉祥寺駅北口から徒歩3分のところにある「ととまろ」。鮮魚や豊富なイカ料理が楽しめる居酒屋となっている。ここで食べれるのが「ととまろの本格手造りグリーンカレー」だ。

グリーンカレーというとココナッツミルクの甘みが苦手といった方もいるが、ココナッツミルクが強過ぎずエスニックな旨みが広がるため、万人受けするルーになっている。

たけのこのシャキシャキ感とナス、鶏肉、パプリカと具材のボリューム感もよし、パクチーと、鰹節がいいアクセントとなっており、まさに病みつきになる味わいだ!

「ととまろの本格手造りグリーンカレー」800円 ミニ500円

(カレーフェス期間以外も通常メニューとして展開している。)

牛にとことんこだわった「牛カレーとカレー☆ライダーのキーマ&チキン」

ハモニカ横丁エリアにある立ち食い焼肉「ハモ肉」。ここで提供されるカレーが「牛カレーとカレー☆ライダーのキーマ&チキン」。(今回は牛カレーのみ頂いた。)牛肉にとことんこだわったというだけあって、牛の旨みが感じられ、カレー自体は“家庭の味”に近い優しい味わいとなっている。うまい!

カレー以外も普段は1枚単位で焼肉が食べられる立ち食い焼肉となっており、ハモニカ横丁でも人気なお店でこの日も多くのお客さんで賑わっていた。

写真)ハモ肉/カレー☆ライダーで食べられる牛カレーとカレー☆ライダーのキーマ&チキン(平日は焼肉に使うA4和牛を使った贅沢カレー。土日祝はスパイスの効いたトマトチキンカレーと根菜ゴロゴロキーマカレーが食べれる。カレー☆ライダーは各週の土日に営業している。)
各800円 あいがけ1100円 ミニ600円

お酒の肴にも!「カレー風味コロッケ」

同じくハモニカ横丁にある居酒屋「エイヒレ」。ここで食べれるのが、「カレー風味コロッケ」だ。カレーだけでなく、ディープな居酒屋が揃うハモニカ横丁ならではの1品だろう。
衣の厚さがちょうどよく、サクサク感の後にじゃがいものホクホク感とカレーのスパイスが効いていて、お酒がすすむ!

「カレー風味コロッケ」440円

 

3種類の味が楽しめる「満塁ホームランカレー」

常連さんに大人気なハモニカ横丁のスパイスカレー屋さん「chang curry」。こちらで食べれるのが人気メニューの
欧風スパイス牛スジカレーとチキンココナッツとキーマカレーの3種類が楽しめる。手間をかけた贅沢な一品となっており、カレー好きなら一度は食べないといけないだろう。このメニューはカレーフェス期間以外も楽しめるので、ハモニカ横丁で食事をする際は、一度訪れてみるべし。

「満塁ホームランカレー」1,200円

カレーフェスでは、スタンプラリーが開催されており、駅前やお店で配布されるパンフレットを片手に吉祥寺を散策してみても楽しいかも。カレーを食べた分だけスタンプが貯まり、7ポイントでカレーフェスティバル限定Tシャツ(先着100枚)がもらえるぞ!

 

参加店舗やメニューは公式サイトまで。

[https://kichijoji-curry.jp/]

 

「吉祥寺カレーフェスティバル2020」開催概要

URL:https://kichijoji-curry.jp/

日時:2020年11月13日(金)~11月23日(月祝)

※時間は参加店舗の営業時間に準ずる

場所:吉祥寺駅周辺の33の飲食店

主催:株式会社ビデオインフォメーションセンター

(吉祥寺カレーフェスティバル2020実行委員会)

協賛:一般財団法人 武蔵野市開発公社

運営:株式会社アイラブ

協力:京王電鉄株式会社、合同会社36チャンバーズ・オブ・スパイス

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「食レポ)下北だけじゃない!バラエティに富んだカレーが楽しめる「吉祥寺カレーフェスティバル2020」