俳優の吉沢亮さんが、11月24日発売の雑誌「アエラスタイルマガジン」の表紙、特集に登場します!

吉沢亮さんは東京都出身の現在26歳。2009年に行われたオーディションを機に芸能活動をスタート。その後はテレビドラマ「ぶっせん」「半沢直樹」、映画「銀魂」「ママレード・ボーイ」「キングダム」などに出演。「キングダム」ではブルーリボン賞 助演男優賞を受賞しています。

現在、多数のドラマ、映画に出演し、飛ぶ鳥を落とす勢いの吉沢さん。国宝級イケメンと称される美しい容姿に加え、高い役者としての実力も兼ね備え、次期大河ドラマ「青天を衝け」では主演を努めることとなりました。同誌ではそんな吉沢さんの仕事観を語ったインタビューに加え、大人の男の色気を感じさせるグラビアが掲載となっています。

インタビューでは初主演となる大河ドラマ「青天を衝け」について「やるべきことを必死でやりきるだけです。周りの人がすごいから、別に僕が引っ張っていかなくても……逆に引っ張ってほしいくらい(笑)。いまはこういう時期なのでみんなでご飯に行くこともできないけど、現場でのお芝居を通して、自然と距離が縮まってきています。」とコメント。

俳優の仕事については「ただ『当たりそうだから』『大きい作品だから』という理由ではやりたくない。演じる意味や自分にとってプラスになるものが欲しいという意識がすごく強い。ここ何年かは毎年1歩ずつ理想的な登り方ができてる気がします。」と語っています。

吉沢亮さんが表紙を飾る「アエラスタイルマガジン」は11月24日発売です。

AERA(アエラ) 2020年11/23号 (2020年11月16日発売)
Fujisan.co.jpより

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「俳優・吉沢亮が雑誌「アエラスタイルマガジン」に登場!大河ドラマ「青天を衝け」や自身の仕事観について語る!