2021年4月26日に、函館駅から徒歩4分の好立地に開業した「東急ステイ函館朝市 灯の湯」。3度目の緊急事態宣言が発出される前の4月中旬(プレオープン期間中)に内覧と試泊をさせていただく機会があったのですが、函館観光の拠点としてだけでなく、滞在型のホテルとしても目を引くポイントがいくつもあったので紹介します。

露天風呂付大浴場のある東急ステイ

地上18階、総客室数175部屋の同施設は、昨年4月に開業した「東急ステイ飛騨高山 結の湯」(岐阜県高山市)に続き、旧来とは異なる“観光型の東急ステイ”としてオープン。最上階には男女別の露天風呂付大浴場を設けています

西側の露天風呂は“インフィニティ風呂”と呼ばれるつくりになっており、湯船の縁取りがなく、視界に広がる青い海や空と一体となったような解放感が味わえます。男女入替制で、筆者が宿泊した際は朝の時間帯に入浴することができました。静寂の中で波の音と海に抜ける潮風に包まれながら眺める早朝の函館湾は格別……!

もちろん客室にはバスタブがついているのですが、大浴場の有無は宿選びの重要なポイントのひとつですよね。

ひとつ降りた17階には湯上りにもゆったりとくつろげるラウンジが。函館山や金森赤レンガ倉庫群を見渡すことができ、函館を象徴する街並みを感じながらバーでお酒を楽しむこともできます。

施設の近辺には同様の高い建物がなく、見晴らしは最高。ホテルの外観は港町の函館を象徴する“灯台”をモチーフにしているそうで、有名な夜景を眺めようと訪れた函館山の展望台からも肉眼でばっちりとその姿を確認することができました。

部屋タイプのバリエーションが豊富

全7タイプの客室には全室に全自動洗濯乾燥機と電子レンジを完備

なるべく荷物を減らして身軽に泊まれるだけでなく、他の宿泊者が利用していてコインランドリーが使えない、という心配もありません。コロナ禍では清潔を保てるのも嬉しいポイント。

ロビーには好みのフレグランスを選べる“柔軟剤バー”が期間限定で設置されており、細かい配慮が感じられました。

また、加湿空気清浄機に加えて、靴乾燥機を設置しているのは北海道ならではでしょうか。雪のシーズンに限らず、雨の日にも重宝しそうです。

ガジェット周りの話をすると、電気ケトルにバルミューダをセレクトしているあたりにセンスを感じますな。

客室は広さ16㎡~21㎡のスタンダードルーム(コンフォードダブル、スタンダードダブル、スタンダードツイン、ハリウッドツイン)と呼ばれる東急ステイとして一般的なサイズ感の部屋のほか、プレミアルーム(コーナーツイン、ラグジュアリーツイン)と呼ばれるやや広めの部屋も用意。

全16部屋のコーナーツインは、バス・トイレが独立し、浴室の窓から海が臨める開放感が魅力。

広さ33㎡でソファーベッドを利用すれば3名までの利用が可能で、ミニキッチンがついているので部屋でちょっとした手料理を楽しむこともできます。

冷蔵庫には冷凍室もついていました。

7室のみのラグジュアリーツインは広さ34㎡で、2名までの利用が可能。

窓を開け放つと半露天風呂気分が味わえる浴室には、特別に温泉を引いています。これは贅沢!

こちらもミニキッチンがついており、家具や備え付けの食器類もラグジュアリーでオシャレ感満載。室内でゆったりとした時間を過ごせそうです。

このように、ビジネスの出張やワーケーション、ファミリーやカップル、女子旅などの観光利用、中長期の滞在など、幅広い客層に対応しています。函館市内は空港から近いのも利便性が高く、これから暑くなる時期には避暑地としても候補にあがりそうです。

朝食は隣接する朝市と提携!

そしてもうひとつ大きな特徴となっているのが、旅の楽しみのひとつである朝食。豪華な料理やバイキングをウリにしている宿泊施設は多いですが、「東急ステイ函館朝市 灯の湯」ではレストラン等の施設がない代わりに隣接する函館朝市にて朝食を提供しています。

函館朝市の13の店舗と提携しており、食事券を提示することで好きな提携メニューを注文することができます。

筆者は味処きくよ食堂朝市本店の「東急ステイオリジナル3色お好み丼」を注文。うに、いくら、かに、ほたて、えび、さけの中から3種選んで好きな丼にすることができ、味噌汁、漬物、小鉢がセットになっています。

豪勢にうに、いくら、かにの間違いなしのコラボをいただきました。朝からウハウハ! 普通に注文したら2000円相当のメニューなので、これはお得すぎる!

他にも店舗によっては焼き魚や刺身の定食など函館ならではの新鮮な海の幸、さらに塩ラーメンやジンギスカンといったご当地グルメもラインアップしていました。

五稜郭や函館山といった観光スポットは比較的近距離に集結しているのでアクセスも良好で、徒歩圏内に人気のグルメもたくさん。宿を拠点にラーメン、ジンギスカン、お寿司などをガッツリと食べ歩くことができました。

ちなみに、「東急ステイ函館朝市 灯の湯」の1階にはアイスショップ「北からの贈り物」が北海道4店舗目の新店としてオープンしています。

季節のフルーツなどを北海道産乳原料100%のアイスクリームと組合せ、注文を受けてからブレンダーマシンで作られる『ブレンダーアイスクリーム』は、濃厚かつクリーミーで素材のよさを感じられる新食感な美味しさ。宿泊の際はぜひこちらもご賞味あれ。

「東急ステイ函館朝市 灯の湯」公式サイト:
https://www.tokyustay.co.jp/hotel/HAA/

東急ステイ衛生安全対策について:
https://www.tokyustay.co.jp/safety_measure/[リンク]

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「露天風呂あり、朝食は隣接する朝市と提携! 函館駅徒歩4分の「東急ステイ函館朝市 灯の湯」は観光・ビジネス・長期滞在なんでもござれ