まるまるとしたボディに愛嬌たっぷりのお顔が特徴のマンボウ。彼らの「口」にまつわる衝撃的な事実が、いまTwitterで大きな話題を集めています。


https://twitter.com/yoshimola/status/1377903277979758594

マンボウのチャームポイントといえば、「たらこ唇」を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。
今月2日、「#これ意外と知られていないんですけど」というハッシュタグとともに、マンボウ研究員ヨシモラ(@yoshimola)さんが投稿したツイートによると、これは「飼育されている個体だけに見られる特徴」なのだそうです。

実はあのたらこ唇は、水槽の壁で擦ることでくちびるが腫れることによってできたもの。海で暮らしている野生のマンボウたちの口は、たらこ唇ではないそうです。

水族館の人気者に秘められた切ないエピソードに、Twitterユーザーからは


・知らなかった〜
  
・ビニールで保護してもダメなんだぁ。
  
・くちびるが腫れていると知ると、なんだか痛そうですね…
  
・旬な話題ですね 学べました

といった声が寄せられていました。水族館でマンボウを見かけた際には、口元に注目してみてはいかがでしょうか。


https://twitter.com/yoshimola/status/1378338780570996741

※画像提供:マンボウ研究員ヨシモラ(@yoshimola)さん
https://twitter.com/yoshimola

(執筆者: しゃむ)

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「「実は野生のマンボウはたらこ唇ではない」 理由を知ると切ない、衝撃的事実に注目集まる