生まれてこの方、ずっとイケメンキャラだった一ノ瀬春馬くんが、高校に入ってから高身長なモテ女子の最上由希くんの前ではヒロイン属性になってしまうというストーリーの斎創さん(@saiso_)のマンガ『イケメン彼女とヒロインな俺!?』(マガジンエッジKC)。Twitterでは2021年3月17日に刊行された第2巻に収録されている第11話の冒頭が『イケメンな彼女と買い物に行く話』として公開されており、最上くんのイケメンぶりが改めて見せつけられています。

「今日は初めて最上と外で待ち合わせ」とドキドキが止まらない一ノ瀬くん。「髪の毛ハネたりsてねぇよな」と気にしているところに「あの、すいません」と見知らぬ女子から声をかけられ、「ここに行くのってどうすればいいですかぁ?」とズイっと来られて、「あの…、僕もこの辺り詳しくなて…」「え~、そうなんですか~どうしよう~よければ一緒に探し」というところに、「ごめんね」と肩に置く手が。

「彼、私と待ち合わせしてるから」という最上くんにキュンとしてしまった一ノ瀬くん。女子も「イケメン…美人…もはや神…」と一ノ瀬くんなみにドキドキしてます。そんな様子を知らずに最上くんから「ごめんね一ノ瀬、待った?」と言われて、「あ、いやぁ、今来たとこ」と本当は一時間前に来たのに答えつつ、「…っていうか、私服姿可愛すぎでは!?」と直視できなくなっています。

「考えてみたら制服以外を見るの初めてかもしんね…。ここはあれだよな…。可愛いと思ったことをちゃんと口に出して伝えるべきだよな」と考える一ノ瀬くん。「どうかした?」「え、あ、いや! 私服で会うなんてめずらしいから、今日の最上はその……なんつーか、あの…」と言いよどんで……。

「かわい」というのに被せて「わぁ!ユキちゃん、今日すごく可愛い!!」と現れた友ちゃんと三好くん、それに二階堂さん。口々に「制服と印象変わるな」「本当だ~かわいい~」と褒められて、「ありがとう」と返す最上くんから、「で、一ノ瀬は何だっけ?」と聞かれて、「何でもねぇよ!!」と叫ぶハメになったのでした。

この作品について、「イケメン女子が元々好きだったのもあって、格好いい女の子が自然体で格好いいままの話が描きたかったんです」という斎創さん。一ノ瀬くんについても「イケメンだけどちょっとヘタレみたいな男の子も好き」とも語ります。

「可愛いが過ぎる」「道行く人を次々と惚れさせていく感じがイイ」といった声が上がっていたこのお買い物デート回。斎創さんは「どんな反応もありがたいですが、やっぱりキャラクターを格好いいと言って頂けるのはすごく嬉しいです」とメッセージを寄せてくれました。

第2巻では、一ノ瀬くんが最上くんに告白しようとするエピソードや、修学旅行回などが収録されている『イケメン彼女とヒロインな俺!?』。イケメン女子にヒロイン化されてしまう男子のカップルにニヤニヤしたいという人は今後も要チェックです。

『イケメン彼女とヒロインな俺!?』(pixivコミック)
https://comic.pixiv.net/works/6413 [リンク]

※画像はTwitterより
https://twitter.com/saiso_ [リンク]

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「はじめて見る私服姿にドキドキ!? イケメン高身長女子に「かわいい」を伝えられない男子のマンガがヒロイン属性すぎる