クォンタムオペレーションは、今年度はオンラインで開催となるCES 2021に“非侵襲血糖センサー”を出展したことを発表しました。

針を使って血液を採取する一般的な血糖測定器とは異なり、センサーを手首に装着するだけで血糖値を常時計測できるウェアラブルモニター。糖尿病の経過観察、低血糖の予防、肥満解消に活用できるとのこと。

LEDセンサーとフォトダイオードにより、装着した手首の血流から血糖値を計測する仕組み。独自のスペクトラム安定化技術、ノイズ除去技術により、精度が高く再現性のあるデータの取得を実現しています。

CES 2021のオンラインブースの他、東京・有楽町のb8ta Tokyo – Yurakuchoで開催中のオフライン展示「CES2021 JAPAN TECH @b8ta」で1月11日まで出展しています。

CES2021 クォンタムオペレーションブース
https://digital.ces.tech/exhibitor/9c5b217a-ca8e-4467-91ef-7f8c6147edd3[リンク]

CES2021 JAPAN TECH @b8ta
https://ces-japantech.jp/[リンク]

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「針を刺さずに血糖値を常時計測できるウェアラブルモニター クォンタムオペレーションがCES 2021に出展