メークアップ用品や、化粧水などのスキンケア以上にこだわりたいのが、クレンジングや洗顔料の“落としもの”。原料がお米のスキンケアブランド『米一途(こめいっと)』のクレンジングバームをご紹介します。

『米一途』とは……米一途はお米の生命力で肌本来の力を呼び覚ますスキンケアブランドです。私たちが毎日食べているお米でできた原料で、肌本来の美しさを守ります。 京都のお米マイスターである八代目儀兵衛 が厳選した最高級米を原料としており、製品に職人の魂とお米本来の価値を詰め込みました。

化粧水やクリームなど、様々なアイテムがある『米一途』の中から、筆者は「洗う米ぬかクレンジングバーム」と「洗う米ぬかパウダー」を試してみました!

「洗う米ぬかクレンジングバーム」しっとり感を与える米ぬか水と自然由来のBioDtoxTM(※)で低刺激なディープクレンジングができるアイテム。

※アロエベラ葉エキス(エモリエント成分)、ブロッコリーエキス(スキンコンディショニング成分)、ビオフラボノ イド(スキンコンディショニング成分)。

容器にはスパチュラがセットされていて、衛生的に使用することができます。

バーム状から肌に触れるとオイルに変わり、水と混ざるとクリーム状になる3段階のテクスチャーに変化。メーク落とし、毛穴汚れのクレンジング、トリートメントまで可能という抜群の機能性。

最近人気のクレンジングバームですが、バーム状で弾力性があり、クッションの役割となるため、お肌への刺激を抑えてマッサージをする ことが出来るそう。お肌のマッサージは摩擦厳禁ですので、これは嬉しいですね。優しくくるくるとメークに馴染ませた後、水でバームを乳化させるとさっぱり洗い流すことが出来ました。筆者も色々なクレンジングを使ってきましたが、この洗い上がりの速さとその後のしっとりさは感動的でした。ダブル洗顔不要なのも楽チンで最高です!

【米一途 米ぬかクレンジングバーム】
販売価格:¥3,400 (¥3,740税込)

夜のケアはクレンジングバームにおまかせするとして、朝などに使用したいのが「洗う米ぬかパウダー」は、米ぬか水を含んだパウダーと植物性酵素の作用で、肌の汚れと不要な角質を取り除く洗顔料です。

手のひらにパウダーを500円玉大にとった後、少量の水を加えて泡だてマッサージするようにやさしく洗顔した後、ぬるま湯できれいに洗い流します。筆者は泡だてネットを使用しました(製品にはネットは含まれておりません)。

ふわふわの泡は肌に心地よく、こちらもクレンジングバーム同様、洗った後の肌がしっとりとしていてこの季節に嬉しい使い心地でした。

【米一途 米ぬか洗うパウダー】
販売価格:¥3,190 税込

どのアイテムもシンプルなデザインで、インテリアもスッキリ決まる『米一途』のラインナップ。ぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

『米一途』
https://comeitto.com

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「お米でできた原料で肌本来の美しさを守る『米一途』の「洗う米ぬかクレンジングバーム」を使ってみた