映画やゲームの影響もあってか、外国人には日本の都市部の街並み=サイバーパンクというイメージが刷り込まれているようです。

なにかと話題になった『サイバーパンク2077』でも、日本の街並みを再現したジャパンタウンが存在しています。

オーストラリアのメルボルンを拠点に活動するフォトグラファー、トム・ブラクフォードさんが「Nihon Noir(日本ノワール)」というタイトルで公開している写真もサイバーパンク色が濃い写真ばかりです。

この投稿をInstagramで見る Tom Blachford(@blachford)がシェアした投稿


https://www.instagram.com/p/CHRdtlYHYvy/

港区にある霊友会釈迦殿。

この投稿をInstagramで見る Tom Blachford(@blachford)がシェアした投稿


https://www.instagram.com/p/CH6_15pHsjc/

渋谷区の青山製図専門学校。

この投稿をInstagramで見る Tom Blachford(@blachford)がシェアした投稿


https://www.instagram.com/p/CHPWc9fHyHm/

世田谷区のM2ビル。

この投稿をInstagramで見る Tom Blachford(@blachford)がシェアした投稿


https://www.instagram.com/p/CH4mgHYHfc2/

墨田区の江戸東京博物館。

この投稿をInstagramで見る Tom Blachford(@blachford)がシェアした投稿


https://www.instagram.com/p/CIG5LqyHqeq/

目黒区の東京工業大学博物館・百年記念館。

以下のリンクからも普段とはちょっと違う東京の風景をご覧いただけます。

Nihon Noir(日本ノワール)
https://tomblachford.com/project/nihon-noir/[リンク]

【関連記事】日本の街って外国人の目にはサイバーパンクな街に映るらしい 『ブレードランナー』の影響みたい
https://getnews.jp/archives/2287859[リンク]

(c) Tom Blachford

※画像:
https://www.instagram.com/p/CHPWc9fHyHm/
https://www.youtube.com/watch?v=Rrhb7Fr3LKg

(執筆者: 6PAC)

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「外国人フォトグラファーが撮影した「Nihon Noir(日本ノワール)」