福本伸行先生の「カイジ」シリーズの傑作スピンオフである「一日外出録ハンチョウ」。
1月6日、コミックスの最新刊10巻が発売された。『Amazon』ではコミックスランキングで「呪術廻戦」「チェンソーマン」の最新刊についで3位、青年コミックのカテゴリでは1位となっているようである(1月6日20時の時点)。

つい先日、映画「天気の子」がテレビ放送された新海誠監督はTwitterにて

『ハンチョウ』大好きなんです。大槻が観てくれてて嬉しい…19000ペリカもするのに…

とツイート。10巻に収録されている第78話「雨宿」にて、主人公の「ハンチョウ」こと大槻が「『天気の子』を観たか?」と聞かれ、「一応観た」「『君の名は。』よりも好きかもしれない」といった会話を交わしているシーンの画像をアップした。
反響を呼び、

「ロケーションが言の葉の庭で草」
「『19000ペリカもするのに…』にわろた」
「大槻さんはお金持ちだから問題ないのだ」
「『ハンチョウ』は、もはやスピンオフの枠を大幅に逸脱した『人生讃歌』と言える素晴らしい作品だと感じています」

といったような返信が寄せられていたようである。

※画像は『Twitter』より

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「新海誠監督「大槻が観てくれてて嬉しい…19000ペリカもするのに…」『1日外出録ハンチョウ』最新刊の会話シーンに反応