アリババグループ創業者のジャック・マー(馬雲)さんの所在を巡り、世界中のメディアがざわつき始めています。


https://twitter.com/JackMa/status/1314854929132003330

2020年10月24日、上海での会議で公然と中国の金融規制当局を批判した後、公の場に一切姿を現すことがなくなっていたジャック・マーさん。本人のTwitterアカウントも、2020年10月10日を最後に更新が途絶えています。


https://twitter.com/Reuters/status/1346120773702995969

行方不明とも言えるマーさんの所在を巡り、CNN、ロイター、フィナンシャル・タイムズ、フォーブス、ブルームバーグを始め、各国の主要メディアがこぞって記事を掲載し始めています。


https://twitter.com/RealVision/status/1171508657948778497

2014年にアメリカへ亡命し、以降中国共産党の腐敗や汚職を暴露し続けている郭文貴さんは、2019年に公開されたインタビュー(撮影日は2018年10月5日)で「(ジャック・マーに限らず)中国で億万長者が行きつく場所は2つだけ。刑務所もしくは死」と予言していました。

SNS上ではマーさんの所在に関して様々な憶測が飛び交っています。

・共産党に誘拐されたとか
・中国共産党は抑圧以外なにもできないからな
・大手メディアでもマーの携帯番号知らないの?
・そのうち環球時報がわざとらしい笑顔をみせる彼の写真を掲載するよ
・死んでるか、逮捕されてるか
・強制収容所にいるんだろうな、中国では“人道的再教育キャンプ”って言うんだっけ
・共産党を批判してタダで済むわけがない
・中国は世界平和に対する脅威
・共産党政権はいつでもだれでも行方不明にすることが可能
・カリブ海のどこかの島でのんびりしてるんじゃないの
・食べられちゃったとか
・中国で真実を語った結果
・もう殺されてるよ
・中国政府がこれまで億万長者に対して行った仕打ちを考慮すると、でっち上げの罪で逮捕された可能性大

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/Reuters/status/1346120773702995969

(執筆者: 6PAC)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「アリババ創業者ジャック・マーはどこにいる? 世界中がざわつき始める