全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。今回は私が2020年12月に食べたラーメンの中で美味しかったラーメンベスト5をお届けします! 殿堂入りのお店は除外させていただき、初めて訪れたお店に限らせていただきました。美味しいお店探しの参考にしていただければと思います。コロナ騒ぎでなかなか外食が厳しいという方も多いと思いますが、一日でも早く終息することを願って。

それでは発表します!

第5位:らーめん 鱗 茨木店(大阪・茨木市)

大阪・茨木の行列店。

「味玉らーめん(塩)」を注文。具はチャーシュー、鶏節、味玉、ネギ、カイワレ。麺は極太の縮れ麺。背脂を店名の「鱗」に見立てているんだという。

塩角の取れたマイルドな塩ダレに鶏節のスープ。モチモチの極太麺も縮れがしっかりあるのでよく絡む。鶏節を一緒に食べると旨味がさらに広がる。味玉もベスト。これは素晴らしい。味変に柚子胡椒もよく合うのでオススメ。

第4位:ラーメン 郷(高座渋谷)

札幌味噌ラーメンの名店“すみれ”出身の人気店。

すみれの味噌を使った味噌ラーメンの他に、オリジナルの「特醸味噌ラーメン」というのがあり、こちらを注文。具はバラチャーシュー、細切れチャーシュー、白髪ネギ、ネギ、メンマ、モヤシ、タマネギ。細切れチャーシューの上に生姜が乗る。麺は中縮れの卵麺。

スープを炒めて作っているのである程度香ばしさはあるが、香ばしさよりもマイルド感や重厚感がある。

“すみれ”の良さを生かしながら、トレンドの濃厚な味噌の方向もしっかり押さえている。名店の味を継ぎながらオリジナリティでさらに勝負するところに感動。

第3位:ラーメンの店 せせらぎ(大阪・南森町)

 

大阪・南森町にある隠れた名店。

「白湯ラーメン」をいただく。

丼にカエシは入れず、小鍋でスープと共に煮立たせる。バラロールのチャーシューは麺茹での横でバットに乗せて温める。メンマは乾燥メンマを水で戻している。店主の丁寧な仕事が随所に光る。

鶏と豚に魚介を効かせたスープだが、これが素晴らしい。麺の存在感もしっかりあって負けておらず、具のバランスもいい。チャーシューの上にかかっているマー油を少しずつ溶くと味変できる。

細部まで丁寧に作られた最高の濃厚魚介系ラーメン。

第2位:手揉み中華そば 中村(大宮)

 

埼玉を代表する人気店“狼煙”の新ブランドが大宮に12月にオープン。

「中華そば」を注文。

はかた地どり、阿波尾鶏、タマシャモ、大山鶏をπウォーターで炊いた鶏清湯スープ。醤油ダレは川越はつかり醤油・小豆島他数種をブレンド。

いわゆる流行の鶏清湯系とは違い、鶏の分厚い旨味と醤油の深みが物凄く、驚きの旨さ。自家製麺は手もみがしっかり効いていて、モチモチ感がありしっかりした主張。スープと麺がぶつかり合い、相乗効果を生んでいる一杯。鶏清湯ブームに一石を投じる一杯になるだろう。

第1位:麺処 懐や(鷺沼)

名店“中村屋”出身の鷺沼の人気店。

「しょうゆ(細麺)」をいただく。麺は細麺と平打ち麺から選べる。

チャーシューは都度切って七輪で炙る。湯切りは修行先の中村屋の代名詞である天空落としを小さめに見せてくれる。

魚介のじんわりとした旨味に強めの醤油ダレを合わせる。奥行きのあるスープで、後を引く旨さ。スープと麺の一体感が素晴らしく、チャーシューの香ばしさも加わり、非の打ち所なし。

かなり丁寧に1〜2杯ずつ作っているので回転が遅くなるのがネックだが、素晴らしい名店。

(執筆者: 井手隊長)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「ラーメンライター井手隊長の美味しかったラーメン月間ベスト5(2020年12月)