10月16日、久保田利伸さんの全楽曲がサブスクリプション(定額制)ストリーミングサービスで解禁となった。1986年に「失意のダウンタウン」でデビュー、1988年にはドラマ『君の瞳をタイホする!』の主題歌「You were mine」が大ヒット。同年発売された三枚目のアルバム「Such A Funky Thang!」で人気を不動のものとした感のある久保田さん。その後も1996年のドラマ『ロングバケーション』の主題歌「LA・LA・LA LOVE SONG」がメガヒットとなるなど、類まれなる歌唱力で日本の音楽界に大きな影響を与えてきた。今回サブスク解禁となり、早速聴いているという方も多いのではないだろうか。

それに合わせてスポットも公開となり、山寺宏一さんがアニメーションのモンスターと化した久保田さんを演じている。

久保田利伸 – BIG LOVE IS COMING!サブスク全曲解禁!(歌:山寺宏一) / All Songs Now Streaming Worldwide!
https://www.youtube.com/watch?v=8qHmNWq0i88[リンク]

メイキング動画では、久保田さんの大ファンだという山寺さんのインタビューも公開されており、「声優やっててよかった」と感激の面持ちで語るシーンも。是非ご覧になっていただきたい。

※画像は『YouTube』より

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「「久保田利伸、サブスク全曲解禁!」スポット動画に起用の山寺宏一さん「声優やっててよかったなって思いました」